歯ぎしりの治し方や止める方法は?治療法はマウスピースがいい?

役立った際などシェアして頂けると嬉しいです。

私、寝ているときに「歯ぎしり」をしているみたいなんです。

眠っているときって自分ではまったく意識がないので「歯ぎしりがうるさい」と言われてもどうすることもできないんですよね(>_<)

当たり前ですが眠っているので歯ぎしりをしているという自覚もありません(笑)

今回は、睡眠中の歯ぎしりの治し方や止める方法はあるのか?治療法はマウスピースがいいのか?を見て行きましょう!

スポンサーリンク

睡眠中の歯ぎしりの治し方を教えて!

歯ぎしりの治し方は、はっきり言って「ありません

何だよ~と聞こえてきそうですが、私自身が歯ぎしりをするのでデンタルクリニックで相談もしましたが「根本的に治すことは、ほぼ不可能」だといわれました。

歯ぎしりの原因は諸説ありますが、

  • 過度のストレスなどの心理的な要因
  • 歯並びが悪い・噛み合わせが悪い
  • 日中、歯をくいしばる癖がある
  • アルコール・タバコ・カフェインなどの過剰摂取
  • 逆流性食道炎
当てはまる原因がありましたか?私の場合は、ストレス以外に思い当たることがありません。しかし、ストレスと言われても私の歯ぎしりは子供のころからで(母に聞いたら中学生のころには歯ぎしりをしていたそうです)長年のクセのようになっているのかもしれません。私が歯ぎしりをしていることに気付いたのは結婚してから旦那に「歯ぎしりがもの凄い」と言われたからです。旦那から歯ぎしりのことを言われた当時は、結婚後1ヶ月くらいで幸せの絶頂だったのでストレスなんて全く感じていませんでした。(自分自身が気が付いていなかったのかもしれませんが…)

その他の一般的な原因も当てはまらなかったので、「歯ぎしりの原因は不明」でした。

ご自身でこれだ!という原因があれば改善方法を模索してみるといいですがストレスの場合は、現代社会においてストレスフリーになることは不可能だと思います。良くてストレスと上手く付き合っていくくらいでしょうかね。

歯ぎしりを止める方法は?

日中に歯ぎしりをしている人は、意識することで止めることができます。

しかし、眠っている時に無意識にしている歯ぎしりを止める方法は「無いに等しいです。だって、無意識ですからね。

歯ぎしりをしていたら隣で寝ているパートナーに叩き起こしてもらうとかはどうでしょうか?きっとパートナーは迷惑しているでしょうからね。

しかし、これは一時的なものでまた眠ってしまえば歯ぎしりが始まります(笑)

ちなみに、眠っているときの歯ぎしりってパートナーにとっては「騒音レベル」らしいです。うちの旦那曰く、

  • 歯ぎしりがうるさくて寝付けない
  • 夜中に歯ぎしりの音で何度も目が覚める
  • そう言われると「歯ぎしりを止めたい」と思うのは当然なのですが・・・しかし私が歯ぎしりを止めたいと思っても眠っている間のことは、どうすることもできないので歯科で「歯ぎしり防止装置」という、ボクシングのマウスピースのような形をしたナイトガードを作ってもらいました。


    スポンサーリンク

    歯ぎしりの治療法はマウスピースがいいの?

    私が通っているデンタルクリニックの先生に言わせれば「歯ぎしりの根本的な治療法はない」そうです。

    治療方法があるのなら、あなたの歯ぎしりも治っているはずでしょう。と言われました(確かに・・・笑)ただ、ごくまれに何らかの要因で治る人もいるそうです。

    実際にナイトガードを付け始めて数か月後には歯ぎしりをしなくなったという患者さんがいたそうです。

    そんな期待も込めて?私もマウスピース(歯ぎしり防止装置)を作りました。

    夜、寝るときに上の歯に装着して眠ります。はじめは違和感を感じるかもしれませんが歯科で作ってもらったナイトガードなので自分の歯型に合わせてあります。

    また、高さも調節してもらっていますので変に高すぎて口を閉じることが出来ないといったこともありません。ただし、厚みがあるので少しだけですが唇が閉じにくい感じはあります。

    私は、マウスピースを付けて眠るようになって何年にもなりますが、残念ながら歯ぎしりは治っていません(+_+)

    歯ぎしりの治療法としてマウスピースを装着するのではなく、歯ぎしりの防止策として装着するといった感じです。

    実際にマウスピースを装着して寝るようになってから旦那に言わせれば「歯ぎしりの騒音」は気にならなくなったそうです(笑)

    マウスピースは、デンタルクリニックで作ってもらうことをお勧めします。口腔内のチェックをしてもらってからでないと、もし虫歯や歯周病があった場合、マウスピースを装着することで状況が悪化してしまうことになりますので。

    最後に

    眠っているときに無意識にしている「歯ぎしり」ってやっかいですよね。でも、この記事を読まれたあなたは自分自身が歯ぎしりをしていることに気が付いているのですから何らかの予防や対策はできるはずです。

    歯ぎしりって恐ろしく強い力で噛んでいるので歯が擦り減ったり、欠けたり、割れたりする人もいるのでマウスピースでガードしてあげる方が歯と歯茎の健康のためにもいいですね♪

    スポンサーリンク
    error: Content is protected !!