歯ぎしりの対策にマウスピースを歯医者で作った!寝れるの?

役立った際などシェアして頂けると嬉しいです。

私の長年のクセの一つである「歯ぎしり」

歯ぎしりは、癖といっても眠っているときに無意識にしていることなので治しようがないのですよね(*_*)

でもパートナーに迷惑をかけていることは事実でして・・・歯ぎしりが原因で不仲になることは、ないにしてもパートナーが寝不足でしんどそうな様子を見ると何か対策をしなければと思いました。

今回は、歯ぎしりの防止対策にデンタルクリニックでマウスピースを作ったのでご紹介します!

スポンサーリンク

歯ぎしり防止対策にはマウスピースが手っ取り早い!

結婚してから1ヶ月が過ぎたころ旦那から「歯ぎしりがうるさすぎて眠れないから別々の部屋で寝たい」と言われました。もうそれはショックでしたね。新婚早々に別室で寝るなんて絶対に嫌だと思いました。

旦那が言うには「とにかくすっごい音だから。指を入れたら噛みちぎられるんちゃうかってくらいヒドイから」とのこと(+_+)

正直にストレートに言われたのですが、その後に「マウスピースとかないんかなぁ?歯医者で相談してみたら?」と言ってくれたのです。

早速、歯医者を受診すると「確かに歯ぎしり、ひどそうですね。マウスピースしてみますか?」って。

マウスピースを装着して寝ることで以下のような対策ができます。

  • 音の軽減
  • 歯の摩擦の軽減
  • 歯の割れや欠けの防止
  • 歯茎へのダメージの軽減
歯ぎしりは、起きているときに食べ物を噛む力より数倍の力でキリキリ、ギリギリとしているそうで相当な力が歯や歯茎に加わっています。

私の奥歯は、歯ぎしりによって歯が削れてコーナー部分がかなり尖っています。普通は緩やかなカーブになっているそうです。

一応、歯ぎしりについての説明を受けました。歯ぎしりの原因は、いろいろとあり、

  • ストレス
  • 噛み合わせ
  • 歯並び
が一般的らしいのです、実際に取り除くことは容易ではありません。

というのも私は噛み合わせも歯並びも悪くないのでストレスが原因だとしたら?ストレスなんてない人はいないですよね(^_^;)

なので「歯ぎしりは治らない」と思っていた方が気が楽でしょう。と言われました(笑)

歯ぎしり対策のマウスピースは歯医者がおすすめ

歯ぎしり対策でマウスピースを作ることになりました。

私は、かかりつけの歯科で作ってもらったのですが1年に1回、定期検診に通っていたので検診と同時にマウスピースを作ることにしました。なので、レントゲンは撮りませんでした。

口腔内のチェックは、検診も兼ねてなのでしっかりされました。その後、上の歯、下の歯ともに型取りをして診察は終了しました。次回の予約を取ってお会計を済ませて帰宅。

マウスピースを取に行った2回目の診察の時は、歯垢や歯石などを取ってもらい綺麗に歯磨きをしてもらった後でマウスピースの装着具合や高さチェックなどをしました。

結構、高く作ってあり先生が何度もマウスピースを磨いて高さ調節をしてくださいました。

高さ調節は、しっかりしてもらいましょう。違和感はもちろんあるのですが、その上、高さまで合っていないと寝られません。

スポンサーリンク

自宅でマウスピースを付けて寝始めてからでも、やっぱりちょっと高いかも?と感じたらマウスピースを持って歯科を受診して調節してもらいましょう。大切な歯を守るために作ったマウスピースなのですから面倒がらずにね!

私のマウスピース歴は、かれこれ20年近くなります(笑)先日、1年作ったマウスピースに穴が開いたので新しいマウスピースを作ってもらいました。

奥歯の部分に穴が開きました。1年に1個のペースで作り変えています。

値段は、保険適応で5000円~7000円くらいかかります。(2回の診察代込)

歯科によって多少前後するかと思いますが、私のように1年に1個のペースで7000円なら1日20円弱の計算になります。決して高くはないと思いますよ。

市販のマウスピースはどうなの?

自分で型取りをして作るタイプのものが売っているみたいですが、噛み合わせをきちんとした位置で固定しないと返って歯に負担をかけることになります。

また、虫歯や歯周病があった場合は、マウスピースを装着することで症状を悪化させてしまう危険性もあります。

そして、材質にも気を付けないと毎晩、口の中に入れるものなので安全なものでなくてはいけません。そして、ギリギリと歯ぎしりをすると削れていくことも忘れてはいけませんね。

ソフトタイプの歯ぎしり防止装置の場合は、歯ぎしりの強さによっては2~3日で破れたり切れたりすることもあります。

そういった点を考えるとデンタルクリニックできちんとしたナイトガードを作ってもらう方が安全ですし安心ですね。

歯ぎしり対策のマウスピースを付けて寝れる?

マウスピースを初めて付けて寝た夜は、ちょっと違和感がありましたが2~3日もすると慣れます。慣れないということはマウスピースが合っていないのかもしれませんので歯科を受診することをおすすめします。

私は、いびきはかかないのですが口を少し開けて寝ているようでマウスピースを装着することで、さらにもう少し口を開けて寝ているそうです。

だからでしょうか時々、朝起きると喉が乾燥していると感じることがあります。(ただ単に口呼吸をしているからかもしれませんが^^;)

歯ぎしりは、自分自身ではまったく分からないので音が静かになったのかも分かりません(笑)

旦那に言わせると、「全然、違う。寝れる」そうです。

最後に

マウスピースを装着して寝だしてから2~3日連続で装着せずに寝ると朝起きた時に歯茎が痛いときがあります。

歯ぎしりって、それほどにまで歯や歯茎に衝撃を与えているんです。

一生、自分の歯で美味しいものを食べるためには、歯が健康でなくてはならないのでこれからもマウスピースでガードしていきます!

スポンサーリンク
error: Content is protected !!