七五三は喪中にしてもいい?神社へお参りは?写真撮影は大丈夫?

子供の健やかな成長を祝う行事の七五三ですが、喪中の場合はどうしたらよいのでしょうか?

やはり控えるべきなのか?それとも派手にやらなければ身内だけでお祝いしてもいいのか?

今回は、喪中の場合の七五三をどうしたらよいのか?神社へのお参りは控えるべきなのか?写真撮影くらいは大丈夫なか?をご紹介します。

スポンサーリンク

七五三は喪中にしてもいい?

一般的に「喪中」は一周忌までの期間、もしくは亡くなってから12ヶ月~13ヶ月間を喪中といいます。この間に慶事を一切行わない地域、ご家庭もあるでしょうが七五三のように一生に一度しかない行事の場合、喪中より「忌中(きちゅう)」を基準に考えてもいいと思いますよ。

・忌中・・・亡くなってから四十九日までの期間(四十九日法要まで)
・喪中・・・亡くなってから1年間の期間(一周忌法要まで)

我が家も子供たちの七五三の年に身内に不幸があり、どうしようと思っていたのですが、御祈祷をお願いしようと思っていた神社に問い合わせたところ、「50日経てば参拝も御祈祷も受けていただいていいですよ」と教えてくださいました。

もちろん、神社によって異なるかもしれませんので念のため確認をしておいた方が安心できると思います。

100年以上昔は、下記のように細かく決められていたのですが、現代でも受け継がれている地域やご家庭もありますので参考にしてみてください。

・父母・夫・妻・子:50日
・祖父母・孫・兄弟姉妹:30日
・曾祖父母・曾孫・甥・姪・叔父叔母:10日
・その他の親族:3日

ちなみに、同居している場合は、誰であっても50日になります。

七五三に参拝される時期が四十九日法要後(正確には亡くなってから50日後)であれば問題ありませんが、ご一緒される親族の方が気落ちして心に余裕がない場合や、反対する人がいる場合はやめましょう。

スポンサーリンク

喪中の七五三は神社へお参りしない方がいいの?

先にも述べたように、一般的には亡くなってから50日が過ぎていれば神社にお参りして御祈祷を受けても構いません。(我が家の近くの神社の神主様曰く)

ですから、喪中であっても50日を過ぎていて、尚且つ、ご一緒される親族の方の心情にも問題なければご家族全員で神社に参拝し、御祈祷を受けたら良いですね。

ただし、神社によっては50日ではない場合もあるかもしれませんので電話1本で確認できますので念のため連絡をしてみるといいですよ。

しかし、50日が経っていない場合は、神社へのお参りや御祈祷はやめましょう。ちなみに、鳥居をくぐらなかったら大丈夫という考えは間違いですよ。

50日が経っていない場合、鳥居はもちろんのこと神社へお参りすることもタブーです。境内に入ってはいけないということです。

50日が経っていないのなら日を改める、来年にするなどご家族と相談してくださいね。どうしても今年にしたいというのであれば、神社への参拝、御祈祷はせず親族だけで食事会のみ行うことも検討されてはどうでしょうか。

また、神社にお参りするだけが七五三ではありません。お寺で七五三をするご家庭もあります。義両親、両親と相談してみてくださいね。

喪中の七五三は写真撮影も控えるべき?

写真スタジオで撮影を予定している場合、前々から予約をされていると思います。

基本的には、お葬式や四十九日法要が重ならなければ問題ありません。ただ、皆さんのお顔が曇らないのならですけどね。

一生、思い出に残る記念写真です。皆さんが心からの笑顔で撮影できるのであれば写真撮影は予定通りされるといいですよ。

訃報は突然なことで避けて通ることもできません。お葬式や四十九日法要に重なった場合は、早めに写真館に問い合わせてずらしてもらえるか確認してみましょう。

最後に

お子さんにとっては一生に一度の七五三です。もちろん親御さんにとっては、お子さんの成長の節目でもあります。

忌中だから、喪中だからと、あまり堅苦しく考えず遺族の心情を優先させどうするかを考えてみることです。

お亡くなりになられた方がお子さんとの続柄にもよりますが楽しみにされていた方であるのなら、きっと天国で見守ってくださっていることでしょう。

スポンサーリンク
error: Content is protected !!