アトピーにおすすめのボディソープや石鹸は?使う?使わない?

役立った際などシェアして頂けると嬉しいです。

アトピー性皮膚炎でも安心して使うことができるボディーソープや石鹸って本当にあるの?

【オススメ】って誰のおすすめなのでしょうか?【安心して使える】ってアトピーの人みんなが安心して使えるのでしょうか?

その情報は本当に正しいのか?疑問に思うのは私だけでしょうか?

今回は、アトピーにおすすめの石鹸やボディソープの話をします。

スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎におすすめのボディーソープは?

市販の安価なボディソープの主成分は界面活性剤です。

すべての界面活性剤が悪いという訳ではありませんが、肌のバリア機能が低下しているアトピー性皮膚炎の人には、刺激になる界面活性剤が多いのです。

弱酸性のボディソープが人気ですが、これも合成界面活性剤が含まれています。

シャンプーの記事でも書いたように界面活性剤の入っていないボディソープもないと言った方が正解になってしまいます(*_*)

【オススメ】って人それぞれなので結局のところ色々な商品を使ってみて自分の肌に合うかどうか試してみないとわからないんですよね。

あれもこれも試すとなったらお金もかかってしまいます。だから誰かが「アトピーにはこれがオススメ!」と背中を押してくれたら使ってみようかな~と思うのでしょう。

でも、それって危険ですよ。自分に合わなくて症状が悪化しても誰も責任を取ってくれません。ボディソープを使わない選択肢もありますよ。

「オイ!答えになってないじゃないか」と言われそうですが、アトピーの原因や症状は人によって違うので素人が安易に「これがオススメ!」とは言えるわけがないのです。

我が家のアトピーっ子の場合

息子がお世話になった皮膚科医は

・ボディソープはNG

・石鹸に変える

・石鹸はシンプルな成分のもの

・石鹸の泡で洗う(手と肌が触れないこと)

と指導されました。

チェック!気になることを質問しました。

★弱酸性のボディソープはダメですか?→ものにもよるけど今は石鹸を使ってください

★シンプルな成分の石鹸ってどんなのが良いのですか?→成分に色々なものが入っていないもの。ミヨシの無添加石鹸とかね

アトピー性皮膚におすすめの石鹸は?

ボディソープがダメなら石鹸は?と思いますよね。息子の担当医から石鹸に変えるように言われたので石鹸で体を洗うことにしました。

ミヨシの無添加石鹸が近所のドラッグストアに売っていました。正直、ビックリしました。何がって安いんです。これくらいの値段です→ ミヨシ無添加白いせっけん

全成分は、石けん素地のみ。シンプル過ぎて驚きました(笑)「だからオススメです!」とは言いません。

ミヨシの石鹸は息子の担当医が息子のアトピーの症状を見てボディソープをやめて石鹸を使うように言われた時にアドバイスされた石鹸だからです。

スポンサーリンク

石鹸は乾燥する?使わないほうがいいの?

手っ取り早くドラッグストアでミヨシの無添加石鹸を購入して使い始めたのですが、お風呂上りに息子が「肌がつっぱる」と言ってきました。

少し調べてみたら石鹸はアルカリ性で汚れを良く落とすことができるが皮脂を取り過ぎて逆に肌の乾燥を招くこともあるということを知りました。

脇、肛門、足の指の間や裏は毎日洗うけど、その他の部分は2~3日置きという意見もあり病院に確認の電話をしました。

この時の息子は毎晩お風呂から上がったら全身にステロイドを塗っていたのでお湯で流すだけではダメ。毎日石鹸で洗うように言われました。

要は、昨夜塗ったステロイド剤を石鹸できちんと洗い流した綺麗な肌に薬を塗ってくれということでした。

アトピーの症状や療養状態は人それぞれなので「オススメできない。しません」と言うのはこういうことです。

石鹸で体を洗うのなら肌の状態を確認しながらコントロールしたほうがよさそうですね。特に冬場は乾燥するので気を付けてください。

現在使っている石鹸

「アトピー性皮膚炎の治療は一応これで終了」と言われてからも石鹸で体を洗っていますが石鹸による肌の乾燥が気になりミヨシの無添加石鹸から違う石鹸を使い始めました。

「ステロイドを塗っていないから毎日石鹸で全身を洗わなくてもいいんじゃない?」と言ったのですが「体は毎日石鹸で洗いたい」と言うので『池田さんの石けん』という石鹸のお試しが390円(送料無料)だったので購入してみました。


icon-arrow-right お試し390円(送料無料)池田さんの石けんを見てみる

何故、この石鹸を選んだか?決め手は、製造の度に一釜一釜石鹸を試食して出来を確かめているということ。そして国産馬油を石鹸素地に使用しているので少しくらい保湿されるかな~と思ったので。

全成分

・ハニーフェイシャルソープ桜:馬油石けん素地/水/グラニュー糖/グリセリン/エタノール/桜蜂蜜/巣蜜/蒸留竹酢液/海塩/桧油

・さくら蜜石けん:馬油石けん素地/水/グラニュー糖/グリセリン/エタノール/桜蜂蜜/巣蜜/蒸留竹酢液/海塩/桧油

・馬油石けん:馬油石けん素地/水/グラニュー糖/グリセリン/エタノール/海塩/桧油

お試しなので小さいですが3種類の石鹸を試すことができます。実際に使ってみると洗い上がりがミヨシの無添加石鹸よりしっとりしていたそうです。

使い続けるかは息子に決めさせ「さくら蜜石けん」の現品を使ってみたいと言ったので現在に至っています。icon-arrow-right お試し390円(送料無料)池田さんの石けんを見てみる

アトピー性皮膚炎の石鹸の泡立て方や洗い方

石鹸の泡で全身を洗うとなるとかなりの泡が必要になりますよね。手と肌が触れないほどの泡の量って・・・。

我が家は、洗面器に薄っすら水を張り泡立てネットの中にいれた石鹸を洗面器の中でバシャバシャ振り洗いをするようにして泡を作っていました。キメの細かい泡を作ることにはこだわらず(^_^;)

泡で洗うといってもナイロンタオルでゴシゴシ洗ってはダメです。泡を肌に乗せる気持ちで軽く肌に滑らせます。

背中が洗いにくいって?でもナイロンタオルはダメ!背中は多少、手が擦れてもOKくらいの気持ちで。

ナイロンではなくシルクは?言い出したらキリがないですが、そこにお金をかけなくてもと思います。

アトピーっ子は高校生の息子なので、さすがに浴室をのぞくわけにはいかなくて見たことはありませんがアトピーを早く治したい一心で医者に言われたことは守っていたようです。

最後に

インターネットの普及で色々な情報が氾濫していますよね。【おすすめ】は、その人のオススメであって誰もが安心して使えるってことではありません。

アトピーの原因や症状、療養状態は人それぞれなので結局は自分に合ったものを自分の肌で確認しながら見つけていくしかないと思います。

スポンサーリンク
error: Content is protected !!