10月に沖縄へ修学旅行の服装は?長袖は必要?海に入れるの?

10月に修学旅行で沖縄に行くけどまだ半袖で大丈夫なのか?

本州の10月は、だんだんと秋に向かい下旬には、そろそろ紅葉の時期が近づいた来たな~といった季節ですが沖縄はどうなのでしょうか?

出発地である空港までの服装も考えないといけませんね。かといって荷物が多くなるのも厄介だし・・・

この記事では、10月の沖縄での服装や、あると助かるものや沖縄の海はいつまで入れるかなどを紹介しますね!

スポンサーリンク

10月の沖縄の服装は自分の住んでいる地域の何月くらいの格好?

出発地はそれぞれ違うので一概に何月くらいの服装だよと言えません。まずは、沖縄の過去の気象データを調べましょう。

過去の気象データ検索

1.沖縄をクリック

2.那覇をクリック(実際には自分の行先をクリックしてくださいね)

3.旬ごとの平年値を表示をクリック

4.このように平年値が出ます

下までスクロールすると10月の沖縄の平年値がわかるので自分が沖縄へ行く時期(上旬・中旬・下旬)の最高気温や最低気温を確認します。

そして同じ要領で自分の住んでいる地域の平年値を調べ、沖縄の気温に近い平年値を探すと、今住んでいる地域では何月ごろの気温でどんな服装をしているかを思い出せば分かりやすいですよ。

例えば、我が家(関西在住)から10月下旬に沖縄へ行く場合、那覇の平均気温24.2℃、最高気温26.8℃、最低気温22.1℃を元に地元の気温を当てはめていきます。ざっくり6月下旬くらい、もしくは9月中旬くらいの気温に当てはまります。

6月下旬は学校の衣替え期間も終わり完全に半袖に移行しています。9月中旬は、体育祭の練習をしている時期で日差しもかなり厳しく長袖なんて着ていられないです。

※この平年値は1981年から2010年の30年間の観測値の平均をもとに算出されたものなので最終的には月間天気予報や週間天気予報を確認してから荷物を詰めてくださいね!

スポンサーリンク

10月の沖縄の服装は?長袖が必要?

10月になるとさすがに沖縄も、ちょっとずつ日差しが和らいできます。が、昼間は真夏の状態とほぼ変わりなく10月下旬でも本州でいう残暑です。昼間は半袖・短パンで夏の格好でOKです!

足元もサンダルやミュールを履いている人がほとんどです。(修学旅行にミュールは駄目なのかな・・・)

日差しが和らいできたと言えども沖縄の日差しは本州とは違い強烈なので日焼け対策が重要です。

朝晩も寒いということはありませんが日焼け対策に薄手のジップアップパーカー(夏用のUVカットパーカーでもOK)を1枚持って行くと冷房対策になります。

もしも寒くなるようなら出発時に長袖を着用しているでしょうからそれと合わせればいいでしょう。

10月の沖縄は熱帯夜になる日もけっこうあります。パジャマもTシャツとジャージで大丈夫です。

沖縄の10月は海に入れる?気温は?

沖縄は10月いっぱまで海で泳げます。まだまだ海水浴シーズンです!海で泳げるくらいの気温だと思ってくださいね。

那覇の10月中旬の気温(気象庁のデータ)は、

  • 平均気温:25.4℃
  • 最高気温:28.0℃
  • 最低気温:23.3℃

最高気温が28℃って完全に夏ですね。日焼け止めは絶対に忘れないようにしましょう!

10月の沖縄に持って行く服

  • 半袖(Tシャツやポロシャツ)
  • 半ズボン・ワンピースなど
  • 薄手のアウター(パーカーなど)
  • パジャマ(Tシャツとジャージ)

但し、出発前に天気予報のチェックは忘れないようにしましょう。

もし、雨や曇りが続くようなら長袖シャツを1枚追加するか、カッパの代わりにもなるウィンドブレーカーを追加するといいですよ。腰に巻きつけていたら邪魔にもならないしね!

参考までに・・・

ある年の12月11日、関西から修学旅行で沖縄に行ったときの写真です。

  • 平均気温:20.4℃
  • 最高気温:22.5℃
  • 最低気温:18.5℃

この日の天気は曇り一時雨。北風が強い日でしたが12月中旬でこのような格好です。ピンとこないでしょうが10月の沖縄は、まだ夏が終わっていません(笑)

最後に

沖縄は10月末まで泳げることを念頭に置いて天気予報の確認を忘れずに荷物の最終チェックをしてくださいね。

楽しんできてくださいね~♪

スポンサーリンク
error: Content is protected !!