格安スマホが安い理由はなぜ?デメリットは?向いている人は?

役立った際などシェアして頂けると嬉しいです。

格安スマホが登場して2年くらい経ちますが、実際にどれくらいの人が格安スマホを使っているでしょうか?驚くことに私の周りには一人もいません。(もちろん私も含めて^^;)

最近、私が使っているauスマホの調子がイマイチで、先はそんなに長くないかも!?と思い、ちょっと調べてみました。いろいろなサイトを見てみたのですが「SIM」「APN」「MVNO」など横文字がいっぱいで頭の中が【???】だらけに…

でも何となくですが、「今さら人に聞きにくい」んですよね^^;
【聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥】だってわかってるんですけどね。
まぁ、格安スマホのことは知らなくても恥だとは思っていないのですが、知りたいと思ってるけど聞きにくいってのが正直なところです。

そんな私が平日の昼間に家電量販店に電球を買いに行ったとき閑散とした携帯電話コーナーに某格安スマホ社の方が暇そうに?立っていたのです。

これは、またとない機会だと思い、思い切って格安スマホが安い理由とデメリット、私に格安スマホが向いているのかを聞いてみました!!

スポンサーリンク

格安スマホが安い理由はなぜ?デメリットは?

すっごく分かりやすく説明してくださいました。

  • 自社の回線を持っていない
  • 店舗がない・少ない
  • ドコモ、au、ソフトバンクのようなメールアドレスがない
  • サポートやアフターフォローは電話かネット

格安スマホが安い主な理由は、この4つだそうです。(細かいことを言えばもっとあるそうですが、きっとこの人(私)に言っても理解できないだろうとスルーされました^^;)

それぞれを分かりやすく説明してくださり、なるほど!それで安いんだねって納得できました!!

ちなみに、ドコモ、au、ソフトバンクのことを三大キャリアと言うそうです!

自社の回線を持っていない

ドコモ、au、ソフトバンクは自社の基地局から各社のユーザー様に電波を供給しています。
基地局を造るのには莫大な費用が掛かります。そして、基地局の維持管理メンテナンスなどにも費用が掛かっています。

格安スマホ各社はというと、自社の基地局を持っていないのでドコモやauの電波をお金を払って借りています(レンタルしている)。そのレンタルした電波を各社のユーザー様に供給しているのです。

なので、基地局にかかる莫大な費用が要らないぶん安い!!

その代わりに、レンタル電波なので、三大キャリアのユーザー様が電波を優先され皆が一斉にスマホを使う時間帯(お昼休みや就労後)は通信速度が遅くなり休憩時間に動画を見たり、オンラインゲームをする人にとっては不自由があるそうです

ちょっとした検索をしたりラインを使うには影響がないそうです。

店舗がない・少ない

ドコモ、au、ソフトバンクはあちらこちらにお店がありますよね。駅前や大型ショッピングセンターでは必ずといっていいほど見かけます。

スポンサーリンク

ちなみに私が住んでいる区内にはドコモショップが3店舗、auショップが5店舗、ソフトバンクが5店舗もあります。(合計13店舗って多すぎでしょ)

店舗があるということは、賃料や電気代が掛かかります。(駅前の一等地は家賃が高いでしょうね~)

そしてお店が開いているということは、店員さんがいますよね。平日でも数名、土日祝日ともなれば10人以上の店員さんがいるショップもあります。そう、忘れてはいけないのが店員さんがいるということは人件費がかかっています

それに引き替え格安スマホ会社は、実店舗がない、もしくは少ないので家賃などが要らない。店舗がないということは、人件費もかからないのです。

なので、家賃や人件費にかかる費用が少ないので安い!!

その代わり、店舗がないので格安スマホに乗り換えをする際はネットから申し込みをして自分で説明書を読んで設定をしたり、電話帳などのデータの移行をしなければなりません。

メールアドレスがない

ドコモ、au、ソフトバンクには、@docomo.ne.jp、@ezweb.ne.jp、@softbank.ne.jpの携帯メールアドレスの付帯サービスがついています。

格安スマホには、メールアドレスを提供していない会社もあるので今までキャリアメールで連絡を取り合っていた家族や友達とはGmaiやヤフーメールを使う必要があります。

なので、付帯サービスがないぶん安い!!

サポートやアフターフォローは電話かネット

ドコモ、au、ソフトバンクなら、「スマホの使い方が分からない」、「スマホの調子が悪い」などの困ったときやトラブルがあったときにはショップに持って行くと店員さんがあれやこれやと対応してくれます。

また故障などで修理に出す際には、代替機を貸してくれるので通信や連絡が切れることがありません。

格安スマホ会社はというと、困ったことがあったらサポートセンターに連絡をして電話でやり取りをするか、ネットで調べて自力で解決しないといけません。

また、修理の際の代替機はなく修理から戻ってくるまでの間は電話が手元にないので連絡や通信が途絶えてしまいます。

ということで安い!!

格安スマホは安かろう悪かろう?向いている人はいるの?

格安スマホの安い理由に納得した私でしたが、ということは、「安い理由がそのままデメリットで安かろう悪かろうじゃん!!」と思わず叫んでしまいました!

「確かにそうなんです…」と某格安スマホ社の方^^;

「でも、現在の携帯電話の利用状況によっては格安スマホで十分な方もいらっしゃいますよ!」と言われ続きを聞くことに。

格安スマホに向いている人は?

  • 動画を見ない人、オンライゲームをしない人
  • 長電話をしない人
  • キャリアメールが必要ない人

こういう人は格安スマホでも十分だそうです。

ここで長電話というのが出てきたのですが、かけ放題がない会社が多いそうで無料通話は1回の通話時間が5分以内とか10分以内とかに決められているプランがほとんどだそうです(各社によって無料通話時間が違います)

私は、見事に格安スマホに向いている人に当てはまったのですが、どーしても気になったのがサポートやアフターフォローでした。

そしたら某格安スマホ社の方が言ってくれましたよ!!

「家電量販店に入っている格安スマホ社なら乗り換えの手続きから設定、データの移行などもお手伝いします。また、困ったことがあればココに来てくださったらいつでもサポートもますよ」って。

「ただし、修理だけはお客様でしていただかないとダメなんです…。代替機もないんです…」とのことでした。

終わりに

思い切って格安スマホの話を聞いて良かったです!私のように「今さら…」と思っている人に参考になればと思います。

話を聞く限りでは、主婦や年配の方にはいいのではないかな~と思いました。

私の両親は年金生活なのに携帯代に二人で17,000円も払っているので考えさせられました。家電量販店に行けば手続きをしてくれ、サポートもしてもらえるのなら乗り換えても大丈夫そうですね。

気になる点は、何度も言いますが故障して修理するときだけです。

スポンサーリンク
error: Content is protected !!