梅雨の洗濯物の部屋干しは除湿機がおすすめ!効果的な使い方は?


梅雨時の部屋干しの洗濯物を早く乾かす方法として衣類乾燥除湿機を使う方法があります。その名の通り、衣類を乾かすことが目的の除湿機です。

除湿機には3種類のタイプがあります。

  • コンプレッサー方式
  • デシカント(ゼオライト)方式
  • ハイブリット方式

いざ購入となると決して安いものではないし、長く使うものなので納得いく買い物をしたいですよね。

当然、それぞれにメリット・デメリットがあります。購入を検討するにあたり参考にしてくださいね!!

梅雨の洗濯物の部屋干しに除湿機がオススメの理由

梅雨時期の洗濯物の室内干しと冬場の室内干しで大きく異なるのが「二オイがつきやすい」ことです。それには湿度が大きく関係しています。

冬場と違い梅雨時は高温多湿で衣類についた雑菌の働きが活発になるからです。雑菌の繁殖を抑えるには、とにかく短時間で洗濯物を乾かすことがポイントです。

そのためには素早く湿度を下げる(湿気を取る)ことが重要になります。そこで衣類乾燥除湿機が大活躍をしてくれるのです。

衣類乾燥除湿機の種類

衣類乾燥除湿機には3つのタイプがあります。

  1. コンプレッサー方式
  2. デシカント(ゼオライト)方式
  3. ハイブリット方式

それぞれにメリット・デメリットがあります。

1.コンプレッサー方式

梅雨時期の部屋干しにオススメです。

<メリット>

  • 梅雨~夏場に強い
  • 除湿能力が高い
  • 電気代が安い
  • 室温の上昇は1~2℃

<デメリット>

  • 室温が低いと除湿能力が落ちる
  • 運転音が大きい
  • 本体サイズが大きい・重い

2.デシカント(ゼオライト)方式

冬場の部屋干しにオススメです。結露対策にもなります。

<メリット>

  • 冬場に強い
  • 夏場は暑いが1年中使える
  • 気温の低い日に除湿乾燥能力が高い
  • 静か
  • コンパクト・軽量
  • 冬の結露対策もできる

<デメリット>

  • 電気代が高い(コンプレッサー方式の3倍以上)
  • 室温の上昇は5~8℃

梅雨時期に室温が5~8℃も上昇するのは暑くてデメリットですが、冬場は逆に室温の上昇は暖かくなるのでメリットになります。

3.ハイブリット方式

1年中、使いたい方にオススメです。気温に関係なく除湿できます。コンプレッサー方式とデシカント方式の両方の良い部分の機能を搭載しています。

<メリット>

  • 1年中使える
  • 時期によって強い弱いがない
  • 除湿能力が高い
  • 静か
  • 電気代が安い

<デメリット>

  • 本体サイズが大きい・重い
  • 本体価格が高い

結局どの衣類乾燥除湿機がいいのか?

衣類乾燥除湿機に求める使用目的や使い方によって選ぶ種類が変わります。

  • 使用目的
  • 使用する部屋の広さ
  • 使用時間帯

コンプレッサー式とハイブリッド式は、除湿能力(対応面積やタンク容量)によって価格が万単位で変わります。購入の際は、目的や用途をしっかりと考えてくださいね。

除湿機は梅雨の洗濯物を乾かすことだけが目的

梅雨限定ならコンプレッサー式がオススメです。

除湿機を使用する部屋の大きさ

理想は使用予定の部屋よりワンサイズ大きいサイズです。「大は小を兼ねる」ので洗濯物の乾きが早くなります。

ちなみに、使用する部屋は狭い部屋がベストです。

除湿機の使用時間帯

衣類乾燥除湿機を使用する時間帯を睡眠中にと思っている場合、寝室に近い部屋でコンプレッサー式の衣類乾燥除湿機を使うと少々うるさく感じるかもしれません。

スポンサーリンク

1年中、色々なシーンで使える衣類乾燥除湿機

洗濯物の部屋干しは梅雨時期だけでなく花粉のシーズン、台風シーズン、雪で洗濯物が外に干せない地域など意外と室内干しをする機会は多いです。

1年を通して衣類乾燥除湿機を使うならハイブリッド式がオススメです。

しかし、販売価格が高いのでコンプレッサー式とデシカント式を1台ずつ購入する方がハイブリッド式を1台購入するより安い場合もあり2台を使い分ける方法もあります。

でも、家電製品は壊れない限り何年も使いますよね。5年、10年と長い目で見るとどうでしょうか?

冬場にデシカント式除湿機をどれくらいの頻度で使用するかにもよりますが、ランニングコストを考えると最終的にはハイブリッド式を1台購入する方がお得になります。

実際、衣類乾燥除湿機は使い始めると便利なので何だかんだと年中使っているご家庭が多いです。

洗濯物を乾かすことが目的なので最新機種でなくてもじゅうぶんです。

衣類乾燥除湿機の効果的な使い方!

短時間でカラッと乾かすには閉めきった狭い部屋で使用することが基本です。扇風機やサーキュレーターをお持ちなら併用することでもっと早く洗濯物が乾くうえ節電にもなります。

梅雨時は、洗濯機を回す時間を仕事から帰宅後にし、夜のうちに乾かし就寝までにたたんで片付けるなど臨機応変に対応するといいですよ。

最後に

衣類乾燥除湿機の使用目的をしっかりと考えてどのタイプの除湿機を購入するべきか決めましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました