土用の丑の日の食べ物はなぜうなぎ?由来は?夏バテ効果があるから?

土用の丑の日うなぎ

今年(2018年)の土用の丑の日は7月20日(金)と8月1日(水)です!迷惑なことに?今年も2回もあるんですよね・・・(昨年も夏土用は2回ありました)

なぜ土用の丑の日にうなぎなを食べるようになったのか知っていて食べていますか?由来を知ってもうなぎを食べますか?(笑)

今回は、「土用の丑の日=うなぎ」の由来と、うなぎの夏バテ解消や疲労回復効果についてご紹介します!

スポンサーリンク

土用の丑の日にうなぎを食べる由来は?

土用の丑の日の行事食がうなぎになった由来は諸説ありますが、平賀源内が発案したという説が最もよく知られています。

江戸時代、夏の熱い時期にうなぎが売れず困っていたうなぎ屋さんが源内に「夏にうなぎを売るにはどうしたらよいのか?」と相談に行きました。

源内は、夏の土用の丑の日に「う」のつく食べ物を食べると夏負けしないという風習を利用して『本日丑の日』と書いた張り紙を店先に貼るように言い、その通りにすると蒲焼屋さんは大変繁盛したそうです。

それを知った他のうなぎ屋さんも便乗したことで土用の丑の日にうなぎを食べる風習が定着したといわれています。

要は、源内の策略にまんまと乗せられたわけです(*_*)

なので、土用の丑の日にわざわざウナギを食べなくてもいいのです。もちろん食べたい人は食べてくださいね!

うなぎの旬を知っていますか?

現在では、うなぎは1年中ビニールハウスの中で徹底した温度管理のもと育てられる養殖うなぎがほとんどなので、旬を気にすることなく、いつでもウナギを食べることができますよね。

しかし、時は江戸時代です。うなぎはもちろん天然!!

天然うなぎの旬は晩秋から初冬で、この時期のうなぎは脂がのっておいしい言われています。逆に夏の時期のうなぎは脂がのっていないので売れなかったわけです。

これまた、源内の陰謀にハマったというわけですね(+_+)

スポンサーリンク

うなぎの夏バテ解消と疲労回復効果を土用の丑の日をかけたのか?

うなぎは栄養豊富なことで有名です。

タンパク質、ビタミンA・B1・B2・D・Eなどのビタミン類、EPAやDHA、鉄・亜鉛・カルシウムなどのミネラル類など数多くの栄養素がたっぷり含まれています。

なので、うなぎが夏バテや疲労回復に良い食べ物と言われています。

夏バテ うなぎ

現在、スーパーやデパートで出回っているうなぎは、ほぼすべて養殖ですから特に旬はなく一年中おいしく食べることができますよね。

しかし、あえて土用の丑の日にうなぎをPRするのは、夏バテ予防や疲労回復効果を目的として食べるといい!という意味も含まれているのです。

現代はスーパーの販売戦略ですね(^_^;)

確かに夏土用のころは非常に暑い時期です。ちなみに2017年は7月20日~8月6日の18日間です。

1年に1~2日のことですし、土用の丑の日にうなぎを食べると暑い夏を乗り切れる!!という気持ちになるのかもしれませんね…

うなぎには夏バテ予防、疲労回復効果があることは確かですが、精神的な効用も大きいかもしれませんよ!

うなぎ=高価=効果(こんな感じではありませんか?)

最後に

私なら、価格も高騰する土用の丑の日にわざわざ…しかもこの暑い時期に脂っこいうなぎを食べるより素麺がいいかなぁ~(笑)

うなぎで夏バテ解消や疲労回復ができるのなら毎日食べないと意味ないでしょ!?それならサプリを飲む方が効率的かつ経済的だと思いませんか?

超有名なこのサプリ鰻より安い→伝統にんにく卵黄

スポンサーリンク
error: Content is protected !!