土用の丑の日の食べ物はうなぎ?由来は?本当の行事食は○○だよ!

土用の丑の日うなぎ

今年2019年の土用の丑の日は7月27日(土)です!

昨年の夏の土用の丑の日は迷惑なことに?2回もありましたが、今年は1回だけなので主婦としてはラッキーです(笑)

なぜ土用の丑の日にうなぎなを食べるのか?その理由を知って食べていますか?その由来を知ってもまだうなぎを食べるでしょうか?

この記事では、「土用の丑の日=うなぎ」の由来と、土用の丑の日の本当の行事食についてご紹介しますね!!

土用の丑の日にうなぎを食べる由来は?

土用の丑の日の行事食が「うなぎ」になった由来は諸説ありますが、江戸時代に平賀源内が発案したという説が最もよく知られています。

江戸時代、夏の熱い時期にうなぎが売れず困っていたうなぎ屋さんが源内に「夏にうなぎを売るにはどうしたらよいのか?」と相談に行きました。

源内は、夏の土用の丑の日に「う」のつく食べ物を食べると夏負けしないという風習を利用して【本日丑の日】と書いた張り紙を店先に貼るように言い、その通りにすると蒲焼屋さんは大変繁盛したそうです。

それを知った他のうなぎ屋さんも便乗したことで土用の丑の日にうなぎを食べる風習が定着したといわれています。

要は、源内の策略にまんまと乗せられたわけです(*_*)

なので、土用の丑の日にわざわざウナギを食べなくてもいいのです。もちろん食べたい人は食べてくださいね!

うなぎの旬を知っていますか?

現在では、うなぎは1年中ビニールハウスの中で徹底した温度管理のもと育てられる養殖うなぎがほとんどです。なので旬を気にすることなく、いつでもウナギを食べることができますよね。

しかし、時は江戸時代です。鰻はもちろん天然!!

天然うなぎの旬は晩秋から初冬で、この時期のうなぎは脂がのっておいしい言われています。逆に夏の時期のうなぎは脂がのっていないので売れなかったわけです。

売れない鰻をいかにして売るか?これまた、源内の陰謀にハマったというわけですね・・・

うなぎの夏バテ解消と疲労回復効果を土用の丑の日をかけたのか?

うなぎは栄養豊富なことで有名です。

タンパク質、ビタミンA・B1・B2・D・Eなどのビタミン類、EPAやDHA、鉄・亜鉛・カルシウムなどのミネラル類など数多くの栄養素がたっぷり含まれています。

なので、うなぎが夏バテや疲労回復に良い食べ物と言われています。

夏バテ うなぎ

現在、スーパーやデパートで出回っているうなぎは、ほぼすべて養殖ですから特に旬はなく一年中おいしく食べることができますよね。

しかし、あえて土用の丑の日にうなぎをPRするのは、夏バテ予防や疲労回復効果を目的として食べるといい!という意味も含まれているのです。

現代はスーパーの販売戦略ですね(^_^;)

確かに夏土用のころは非常に暑い時期です。ちなみに2019年は7月20日~8月7日の19日間です。

1年に1~2日のことですし、土用の丑の日にうなぎを食べると暑い夏を乗り切れる!!という気持ちになるのかもしれません。

うなぎには夏バテ予防、疲労回復効果があることは確かですが、精神的な効用も大きいのではないでしょうか?

うなぎ=高価=効果(こんな感じではありませんか?)

土用の丑の日の「う」のつく食べ物はウソ?本当の行事食はこれ!

土用の丑の日にうなぎを食べる風習が習慣化していますが、実は「うなぎ」も「う」のつく食べ物も無理に食べる必要はないのです。

土用の丑の日に食べる行事食は、「土」と「牛(水牛)」にちなんで黒いものを食べる習慣がありました。

  • 黒い野菜(ごぼう・茄子・じゃがいも)
  • 黒い魚(黒コイ・うなぎ・どじょう)
  • 黒豆や黒ゴマ
  • しじみ
  • あんころ餅(おはぎ)

など「黒いもの」を食べればよく、別にうなぎでなくてもよかったのです。たまたま黒い魚にウナギが入っていただけなのです。

「土用の丑の日=うなぎ」の成り立ちは平賀源内の策略であって本来の意味とは違います(笑)

こうなると土用の丑の日に「う」のつく食べ物を食べるとよい。というのも言い伝えであって根拠がないので食べる必要もなくなっちゃいます。

しかし、ハロウィンやバレンタインデーなど海外から渡ってきたイベントがますます盛んになっている現代に、源内のマーケティング戦略に踊らされたと言えども日本の昔からの言い伝えを子供たちに伝承していくことも大切だと思ったりもするんですよね(笑)

最後に

今年の土用の丑の日(7月27日)から行事食を変えてみるのもいいかもしれませんよ~!

「うなぎが食べられる!」と楽しみにしている旦那さんやお子さんたちが残念がるかもしれませんけど価格も高騰する土用の丑の日にわざわざ鰻を食べなくてもね・・・

土用の丑の日にうなぎを食べることで夏バテをせず、暑い夏を乗り切れるのなら願ったりかなったですが、1日のたった1食にうなぎを食べただけで夏のあいだ中うなぎ効果が持続するはずなどありません・・・

うなぎで夏バテ解消や疲労回復ができるのなら毎日食べないと意味ないでしょ!?結局は毎日の食生活で夏バテ予防や疲労回復を意識していかないといけないんですよね。

それなら滋養強壮ドリンクやサプリメントを上手に利用して補う方が効果的かつ経済的ですよね~

にんにく卵黄
>>伝統にんにく卵黄を試してみる

土用の丑の日の我が家の食事は、黒いものは今旬のしじみの味噌汁にして、おはぎも作ろうと思っています(^^♪

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました