台風18号(2019)現在の最新情報!米軍・ヨーロッパ・気象庁の進路予想は?


9月26日(木)12:00、日本の南の海上に台風18号のたまごが発生しました。

名前は「ミートク」

10月3日(木)本日の最新情報です。

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)は9月24日に、米海軍合同台風警報センター(JTWC)は9月25日に日本上陸を予想していましたが、台風18号は朝鮮半島に上陸!!

台風18号(2019年)現在の最新情報!

台風18号(2019年)米軍の進路予想

【10月3日(木)の最新情報】

 

【9月29日(日)の情報】

 

【9月27日(金)の情報】

画像:米海軍合同台風警報センター

・LOW(黄色):24時間以内で台風の発生は起こりそうにない

・MEDIUM(オレンジ):台風になる可能性は高まっているが、発達には24時間以上の時間を要する可能性が高い

・HIGH(赤色):24時間以内に台風に発達する確率が高い

スポンサーリンク

 

 

台風18号(2019年)ヨーッロッパ中期予報センター(ECMWF)の進路予想図

【10月3日(木)の最新情報】

2019年10月3日(木)

 

2019年10月4日(金)

 

2019年10月5日(土)

 

2019年10月6日(日)

画像:ヨーロッパ中期予報センター

 

台風18号(2019年)気象庁の進路予想

【10月2日(日)の最新情報】

画像:気象庁

 

台風18号(2019年)ウェザーニュースの進路予想

台風18号は朝鮮半島に上陸した後、日本海に進んでいます。今日午後にも温帯低気圧に変わる見込みです。温帯低気圧に変わった後も風雨の強まるおそれがあり、油断は禁物です。

東シナ海を進む台風18号は暴風域がなくなり、今夜には朝鮮半島に上陸する見込みです。台風に向かって流れ込む湿った空気の影響で西日本は局地的な強雨に注意。今夜以降は風も強まります。

【台風18号】台風17号との比較
台風18号は先週の台風17号の経路と似たコースを進むものの、やや大回りの進路が予想されています。
沖縄の先島諸島には17号以上の勢力で接近するおそれがありますが、九州や本州からはやや離れて進む可能性があります。

【台風18号発生】
9月28日(土)9時、フィリピンの東にある熱帯低気圧が台風18号(ミートク)になりました。週明けに沖縄に接近後、進路を北東に変えて西日本へ近づく可能性が高まっています。大荒れの天気となるおそれがあるため、最新情報に注意してください。

日本のはるか南海上の熱帯低気圧は今日27日(金)から明日28日(土)にかけて台風18号になる見込みです。来週は日本列島に接近のおそれがあるため、今後の情報をしっかりご確認ください。

日本の南東海上で熱帯低気圧が発生しました。しばらく西よりに進んで台風まで発達するおそれがあります。日本への影響も考えられ、今後の動向に要注意です。

 

台風18号(2019年)最新情報のまとめ

10月3日(木)正午現在、台風18号は温帯低気圧に変わる見込みですが、大気が不安定で局地的に激しい大雨が降るおそれがあり、油断は禁物です。

今後の気象情報に注意し、少しでも早く防災準備&対策の対応をしましょう。

>>飛行機の台風による運行状況や振替・払戻し・キャンセル・返金方法
>>台風のベランダ対策
>>台風で物干し竿が飛ぶ!?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
暮らし
役立った際はシェアしていただけいると嬉しいです。
なるほどね!

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました