上杉雪灯篭まつり2020の無料駐車場とシャトルバス情報

上杉雪灯篭まつりは、山形県米沢市で毎年2月にが開催されており、2020年で第43回目を迎えます。

2020年の開催日程は、2月8日(土)・2月9日(日)です。

上杉雪灯篭まつりでは、会場である上杉神社境内・松が岬公園に約300基の雪灯篭と1000個の雪ぼんぼりが灯され、雪景色の中に幻想的な世界を映し出します。

雪灯篭による柔らかなオレンジの光と、キャンドルによるカラフルな光という2つの世界観を楽しめるのが魅力です。

2月の山形県は雪が多いですが、幻想的な景色が寒さを忘れさせてくれることでしょう。

また、物産展やステージイベントなどが行われ、昼も夜も楽しめ、幅広い世代が楽しめるお祭りとなっています。

今回はそんな「上杉雪灯篭まつり」の無料駐車場、会場周辺の駐車場をはじめ、シャトルバスの情報などなど【役立つ情報】をまとめてご紹介します♪

上杉雪灯篭まつり2020!駐車場

イベントに車で訪れたいと考えている人も多いと思います。その場合、心配なのが会場周辺の駐車場の情報です。

「雪灯篭まつり」の会場には駐車場がありません。

イベント期間中は米沢市役所・道の駅米沢・米沢駅からシャトルバスが運行するので、そちらの無料駐車場を利用するか、周辺の有料駐車場を探す必要があります。

ここではシャトルバスに乗車できる場所の駐車場と、会場まで徒歩圏内の有料駐車場を紹介します。

 

無料駐車場

・米沢市役所
山形県米沢市金池5丁目2-25

東北中央自動車道米沢中央インターチェンジから約10分の場所にあります。

シャトルバスは2月8日(土)10:30~21:30、2月9日(日)10:30~20:30の間に約20分間隔で運行。

 

・道の駅米沢
山形県米沢市大字川井1039―1

東北中央自動車道米沢中央インターチェンジからは5分ほどで到着します。

米沢市役所と同じくシャトルバスが運行しますが、道の駅米沢は14:00~の運行になるので注意しましょう。

 

米沢駅周辺の駐車場

JR米沢駅からも会場までのシャトルバスが運行する予定なので、駅周辺で利用できる駐車場を紹介します。

・米沢駅東駐車場
山形県米沢市駅前1丁目1

駐車台数:70台
営業時間:24時間
駐車料金:最初の30分無料、以降30分100円

 

・米沢駅西駐車場
山形県米沢市駅前1丁目1

駐車台数:22台
営業時間:24時間
駐車料金:最初の30分無料、以降30分100円

米沢駅の目の前にあり最も近い駐車場なので、送り迎えなど短時間の利用をする人も多いです。

そのため利用する場合は早めの時間に到着しておいた方が良さそうです。

 

・タイムズ米沢駅前駐車場
山形県米沢市駅前1丁目1

駐車台数:85台
営業時間:24時間
駐車料金:60分100円

米沢駅までは徒歩で3分ほどです。駐車できる台数が多いので、比較的空車の可能性が高いです。

 

・タイムズ米沢駅前第2駐車場
山形県米沢市駅前3丁目1

駐車台数:63台
営業時間:24時間
駐車料金:60分100円

米沢駅までは徒歩5分ほどです。他の駐車場と比べて駅から少し離れていますが、駐車台数は多めなのでチェックしておくと良さそうです。

 

会場周辺の有料駐車場

会場まで徒歩圏内にある駐車場を紹介していきます。

・平和通り駐車場
山形県米沢市門東町3丁目2-46

駐車台数:150台
営業時間:24時間
駐車料金:30分100円/最大700円

会場までは徒歩約10分

 

・タイムズ米沢中央駐車場
山形県米沢市中央1-12

駐車台数:56台
営業時間:24時間
駐車料金
・8時~20時:30分100円
・20時~8時:60分100円
・最大:500円

会場まで徒歩約13分

 

・タイムズ米沢中央第2駐車場
山形県米沢市中央1-11

駐車台数:16台
営業時間:24時間
駐車料金
・8時~20時:30分100円
・20時~8時:60分100円
・最大:600円

会場まで徒歩約13分

 

会場周辺にも駐車場はありますが、あまり歩きたくないという人はシャトルバスの利用をオススメします。

ただシャトルバスは有料になるので、少しでもお金をかけたくない場合は今回紹介した会場近くの駐車場を利用してみてください。

 

上杉雪灯篭まつり2020!アクセス方法は?

上杉雪灯篭まつり会場までのアクセス方法は、有料シャトルバス・路線バス・車の3つの方法があります。

イベントが開催される山形県は全国で最も降雪量が多く、お祭り期間中も積雪量が多いことが見込まれます。

徒歩でアクセスするのは困難かと思うので、バスを利用する方が良いかもしれません。

 

山形県米沢市丸の内1丁目4-13

 

シャトルバス

シャトルバスは、下記のか所から運行します。

  • 米沢市役所
  • 道の駅米沢
  • JR米沢駅

運行時間:約20分間隔で運行

  • 2月8日(土)10:30~21:30
  • 2月9日(日)10:30~20:30

なお、道の駅米沢は両日ともに14:00からの運行になるので注意しましょう!

料金は片道大人(中学生以上)200円、小学生以下は無料となります。

 

路線バス

米沢市街循環バス(右回り)の米沢駅前発に乗り、「上杉神社前」で下車します。

料金は片道大人(中学生以上)210円、子供(小学生・幼児)110円になります。

米沢市の公式サイトによると、右回りは青色のバスです。

運賃だけ比べると、お子様連れの場合はシャトルバスを利用した方が小学生以下は無料なのでお得です♪

 

上杉雪灯篭まつり2020!開催期間

第43回目となる上杉雪灯篭まつりは、2020年2月8日(土)・2月9日(日)に開催されます。

会場は、戦国の英雄・上杉謙信公を祀っている上杉神社と、花見の名所としても有名な松が岬公園です。

なお、2月7日(金)17:30~20:00には、雪灯篭プレ点灯が行われます。

 

2日間のスケジュールは以下の通りです。

2月8日(土)

  • 11:00~21:00 テント村物産展

米沢らーめん、玉こんにゃくなど米沢市の名物だけでなく、県外からも美味しいものが集結します。

飲食できるスペースも設置されるのが嬉しい点です♪

 

  • 11:00~17:00 ステージイベント

開催地である米沢市で活躍するパフォーマーなどが登場します。

  • 12:00~20:00 手作りローソク体験コーナー
  • 17:00~ 鎮魂祭

太平洋戦争戦没者の霊を慰める鎮魂塔を雪で製作し、献灯します。

昭和53年に開催された「第1回上杉雪灯篭まつり」から続いている祭典です。

 

  • 17:30~ 雪灯篭・雪ぼんぼり・キャンドルゾーン・ぼんぼりロード点灯

雪灯篭約300基、雪ぼんぼり約1000個の光が会場を包み、幻想的な雰囲気を醸し出します。

 

また、キャンドルゾーンでは雪灯篭とは一味違った鮮やかな光の世界を堪能できます。

 

2月9日(日)

  • 11:00~20:00 テント村物産展
  • 11:00~17:00 ステージイベント
  • 12:00~20:00 手作りローソク体験コーナー
  • 17:30~ 雪灯篭・雪ぼんぼり・キャンドルゾーン・ぼんぼりロード点灯

2日間ともメインイベントは雪灯篭・雪ぼんぼりの点灯ですが、物産展やステージなども行われ、昼間から楽しめるお祭りとなっています。

ぜひ明るい時間から訪れてみてください♪

 

上杉雪灯篭まつり2020!見どころ

「上杉雪灯篭まつり」一番の見どころは、やはり300基の雪灯篭と1000個の雪ぼんぼりです。

 

雪灯篭は一基作るのに3~4人は必要で、イベントにはグループで参加することから米沢市民のほとんどが一度は作った経験があるといいます。

雪が少なく会場内の雪だけで間に合わない年は、市内の別の場所から雪を運んで作る場合もあるというので驚きです。

 

雪灯篭の作り方は山形県のホームページに詳しく説明されているので、興味がある人は見てみてください♪

また柔らかな雰囲気の雪灯篭とは打って変わって、カラフルな景色を堪能できるキャンドルゾーンも見どころです!

キャンドルやカラーメガホンによる鮮やかな世界は、ぜひ写真におさめたい光景ですね♪

>>みちのく五大雪まつり「弘前城雪燈籠まつり」

>>みちのく五大雪まつり「いわて雪まつり」

>>みちのく五大雪まつり「横手かまくら祭り」

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました