東山花灯路2020の狐の嫁入りの時間とルートは?おすすめアクセス

東山花灯路(ひがしやまはなとうろ)は、毎年3月に京都市東山区にて行われる「花」と「灯り」をテーマにし夜の散策を楽しむイベントです。

開催期間中の10日間は清水寺から青蓮院まで、約5キロの散策路周辺は露地行灯(ろじあんどん)によって華やかに彩られます。

さらに、周辺の神社やお寺がライトアップされ、とても幻想的な古都の世界で夜の散策ができます。

毎年10日間の開催期間で100万人もの人が訪れる大人気のイベントとなっています。

今回は東山花灯路について狐の嫁入り巡業行列のルートと時間を中心にライトアップ、おすすめアクセスと散策プラン、駐車場などなど【知っていると役立つ情報】をご紹介します!

東山花灯路2020の開催日程

・開催日程:2020年3月6日(金)~3月15日(日)

・開催時間:18時~21時30分

・開催会場:京都府 京都市 東山地域

 

東山花灯路2020の狐の嫁入りの時間とルート

狐の嫁入り巡行の行列は、東山花灯路の中でも人気のイベントです。

狐のお面をかぶった白無垢の花嫁さんが人力車で提灯行列(ちょうちんぎょうれつ)に囲まれながら「知恩院三門」から「高台寺」までを巡行します。

悲しい女狐の物語が再現されたこの巡行は、愛する人のために人間の村に人力車で嫁入りしていく姿を再現しています。

 

夜の古都の世界に提灯に囲まれ巡行する姿は儚くもありますが、どこか妖艶な雰囲気でとても美しく神秘的です。

また、露地行灯で照らされた路にチリンチリンチリン…と響く鈴の音がさらに雰囲気を醸し出しています。

 

狐の嫁入りは、東山花灯路の開催期間中、毎日19時~と20時~の1日2回、巡行が行われます。

東山花灯路の開催期間中、ここでしか見られないので見逃さないように!

 

狐の嫁入り巡行の行列コース

狐の嫁入りの巡行ルートは「知恩院三門」から「高台寺」までとなっており、決まった時間に巡行するため必ず見れます。

 

  1. 知恩院三門:19時~・20時
  2. 円山公園
  3. 長楽間
  4. 円山公園音楽堂
  5. 圓徳院
  6. 春光院
  7. 高台寺南側道路
  8. 高台寺天満宮
  9. 高台寺:19時40分頃・20時40分頃

 

このようなルートで巡行しますので、是非この時間に足を運んでみてくださいね!

 

東山花灯路2020のライトアップ

東山花灯路の開催期間中は、日没から21時半頃まで周辺の神社やお寺がライトアップされています。

以下に、ライトアップされている場所をご紹介します!

 

清水寺(きよみずでら)

住所:京都市東山区清水1-294
時間18:00~21:00(受付終了)
入場料金:大人400円、小中学生200円

 

法観寺(ほうかんじ)

住所:京都市東山区清水八坂上町388
ライトアップのみ・夜の特別拝観はありません

 

高台寺(こうだいじ)

住所:京都市東山区高台寺下河原町526
時間:17:00~21:30(受付終了)
入場料:大人600円、中高生250円

 

圓徳院(えんとくいん)

住所:京都市東山区高台寺下河原町530
時間:17:00~21:30(受付終了)
入場料:大人500円、中高生200円

 

青蓮院(しょうれんいん)

住所:京都市東山区粟田口三条坊町69-1
時間:18:00~21:30(受付終了)
入場料:大人800円、小中高生400円

 

八坂神社

住所:京都市東山区祇園町北側625
時間:18:00~21:30
入場料:無料

 

ライトアップされたお寺や神社は普段は見ることができない、とても神秘的な空間を体験できるので是非訪れてみてくださいね!

 

東山花灯路のおすすめアクセスプラン

アクセスについてですが、散策の順路によって変わってきます。

  • 「清水寺」からスタート
  • 「青蓮院」からスタート

どちらからスタートするか、迷いますよね? 私個人のおすすめは「清水寺」スタートです!

東山花灯路は、約5キロの散策路となっているので終盤は疲れが出てきます。

清水寺にたどり着くには急な坂道をしばらく歩くことになるので、最後にこの坂を見たときに絶望する可能性があります・・・。

せっかく訪れたのに「うーん、疲れたし清水寺はあきらめようかな?」なんてことになるともったいないので、体力が満タンの最初に清水寺からスタートすることをオススメします!

 

清水寺スタート!電車でのアクセス

・JR「京都駅」から京都市バス「五条坂バス停」下車→徒歩10分

・京阪電鉄「祇園四条駅」から京都市バス「五条坂バス停」下車→徒歩10分

清水寺に訪れるほとんどの方が「五条坂バス停」で下車します。

混雑状況に応じて次のバス停の「清水道バス停」で下車すると空いているので歩きやすいかもしれません。

「清水道バス停」から清水寺へは徒歩10分です。

 

青蓮院スタート!電車でのアクセス

・JR「京都駅」から京都市バス5号系統「神宮道バス停」下車→徒歩3分

・JR「京都駅」から地下鉄烏丸線「烏丸御池」(乗継ぎ)地下鉄東西線「東山駅」下車→徒歩5分

・四条河原町から京都市営バス5, 46号系統「神宮道バス停」下車→徒歩3分

・京阪電車「三条」下車、京都市バス5号系統「神宮道バス停」下車→徒歩3分

 

車でのアクセス

・阪神高速8号京都線「鴨川西」→国道24号線東山方面へ

・名神高速「京都南インター」→国道1号線北上東山方面へ

・名神高速京都「東インター」→国道1号線を東山方面へ

 

東山花灯路2020の混雑状況

観光名所としての神社やお寺の多い場所なので、普段から観光客で賑わっています。

さらに、この東山花灯路となると10日間の開催期間中に100万人もの人が訪れるのでとても混雑します。

特に、開催期間中の土日は大混雑となるので注意が必要です。

なかでも清水寺はとても人気が高く、多くの観光客がつめかけるので「拝観券」を購入するだけでも30分以上並ばないといけない場合があります。

人混みが苦手な方は、遠目から見る程度にして清水寺に入るのはスルーした方がいいかもしれません。

 

東山花灯路2020の現代いけばな展

会場:円山公園
住所:京都府京都市東山区円山町463

「京都いけばな協会」の主催で、様々な流派のいけばな作品が並びライトアップされた力作の数々の華の世界を楽しめます。

 

東山花灯路2020の京都五花街・舞妓さんの舞

会場:八坂神社 舞殿
住所:京都市東山区祇園町北側625

八坂神社の舞殿で舞妓さんによる華やかな舞が披露されます。

金~日の三日間ですが、18:30~、19:00~、19:30~と30分刻みで3回にわたり奉納が行われます。

普段テレビでしか見たことのない舞妓さんの本物の芸を見られるチャンスはなかなかないので、是非この機会にご覧になってはどうでしょうか?

 

東山花灯路の専用駐車場はない!

東山花灯路の開催期間中、専用の駐車場はありません。

車で訪れる際には周辺のコインパーキングに駐車するしかないのですが、東山花灯路の開催期間中はとても混雑していて、空いているコインパーキングを探すのは至難の業です。

また、会場周辺は道も細く、観光客の方などでガヤガヤと人が多いので普段から車でとても走りにくく、コインパーキングを探して走り回るのは大変なストレスになります。

公共の交通機関の利用がオススメですが、どうしても車を利用したいという方にいくつか周辺の大型の有料駐車場をご紹介します。

 

・京都市円山駐車場
住所:京都府京都市東山区祇園町北側(円山公園地下)
利用可能時間:24時間
駐車可能台数:134台
駐車料金:30分250円

 

・岡崎公園駐車場
住所:京都府京都市左京区岡崎最勝寺町63
利用可能時間:7時30分~23時
駐車可能台数:506台
駐車料金:30分200円

 

・みやこめっせ駐車場
住所:京都府京都市左京区岡崎成勝寺町9-1
駐車可能時間:7時~22時30分
駐車可能台数:100台
駐車料金:30分200円

 

・フヤ町パーキング
住所:京都府京都市中京区麸屋町通四条上る桝屋町517
利用可能時間:8時~23時
駐車可能台数:100台
駐車料金:30分200円

 

観光地なので10台前後~30台前後のコインパーキングはチラホラと周辺にありますが、余程タイミングが良くないとどこも満車です。

さらにこのあたりはタクシーの数が非常に多く、とても走行しにくいので安全運転で事故のないように注意してください。

 

昼間とは違う顔の東山花灯路

東山花灯路では「灯り」によってとても幻想的な空間の古都の世界を散策して楽しめるイベントとなっています。

全て見てまわると歩く距離も大変ですが、疲れも忘れる程の美しい世界です。

清水寺や八坂神社などは観光で行ったことあるという方でも、この東山花灯路では普段とは全く違う顔になっているので是非訪れてみてください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
イベント
役立った際はシェアしていただけいると嬉しいです。
なるほどね!

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました