静浜基地航空祭2020の穴場駐車場や混雑は?ブルーインパルスは?

静浜基地航空祭は、静岡県焼津市にある航空自衛隊の基地で毎年5月に開催されるイベントです。

所属初等練習機の展示飛行や周辺基地から飛来する機体による展示飛行(航空ショー)などが行われます。

例年の展示飛行では、T-7によるオープニングフライトから始まり静岡県警察航空隊ヘリコプター、F-2、F-15などが飛行します。

静浜基地航空祭では2018年と2017年にブルーインパルスの航空ショーもありました。2019年も予定されていたのですが、エンジンの不具合により中止になりました。

2020年はどうなるでしょうか?

他にも、チアリーディングなどによるステージ発表や屋台や物産展ブースも設けられ、幅広い世代が楽しめるようになっているイベントです。

今回はそんな「静浜基地航空祭」について、駐車場、アクセス、混雑、日程スケジュール、撮影スポットなどなど【役立つ情報】をまとめてご紹介していきます!

静浜基地航空祭の駐車場

イベントに車で訪れようと考えている場合、心配なのが駐車場の状況です。

静浜基地航空祭の臨時駐車場は「焼津港」にのみ設けられます。

焼津港
住所:静岡県焼津市新屋438-9

「焼津港」から「焼津駅」までは徒歩17分程度かかりますが、静浜基地へは「焼津駅」からシャトルバスに乗っていきます。

焼津駅 ⇔ 静浜基地

  • 料金(片道):400円
  • 運行時間:7時始発

ちなみに、「焼津港」や「焼津駅」から「静浜基地」まではかなり距離(徒歩1時間40分程度)があり、歩いて行くにはかなり大変です。

 

なお、基地内および基地周辺に臨時駐車場や専用の駐車場が設置されません。

基地までのシャトルバスは、「焼津駅」と「藤枝駅」から運行します。

「焼津駅」、「藤枝駅」周辺のコインパーキングにとめるようと思っている方は、午前7時までには駐車場に到着しましょう。

 

穴場駐車場

静浜基地航空祭の人出は約2万人。ブルーインパルスの展示飛行がある年は4万人もの人出になります。

全員が車で訪れることはありませんが、「焼津駅」と「藤枝駅」周辺のコインパーキングの駐車可能台数を考えると足りていない状況です。

なので、「静岡駅」に車をとめてパークアンドライドをおすすめします!

静岡駅 ⇔ 焼津駅

  • 料金(片道):240円
  • 乗車時間:13分

午前7時くらいでしたら「静岡駅」周辺のコインパーキングはスムーズに駐車することができます。

 

焼津駅周辺の駐車場

○タイムズ静岡焼津本町
住所:静岡県焼津市本町1-5

駐車台数:13台
営業時間:24時間
駐車料金
・8:00~20:00 30分110円
・20:00~8:00 60分110円
・最大料金 440円

焼津駅まで徒歩8分。

 

○焼津市営小石川駐車場
住所:静岡県焼津市栄町2丁目7-21
駐車台数:62台
営業時間:24時間
駐車料金
・最初の1時間150円
・以降30分毎に50円
・5時間30分以降24時間まで600円

焼津駅まで徒歩約4分。

 

○名鉄協商焼津駅北二丁目
住所:静岡県津市駅北二丁目14番

駐車台数:18台
営業時間:24時間
駐車料金
・60分100円
・全日600円

焼津駅まで徒歩約5分。

 

○アンビ・アパークビル駐車場
住所:静岡県焼津市栄町2丁目2−21

駐車台数:120台
営業時間:24時間
駐車料金
・最初の40分100円
・以降30分50円

焼津駅まで徒歩約2分。

 

藤枝駅周辺の駐車場

○藤枝駅北口駐車場
住所:静岡県藤枝市駅前1丁目8−25−101

駐車台数:120台
営業時間:24時間
駐車料金
・最初の40分100円
・以降30分50円

藤枝駅まで徒歩約2分。

 

○名鉄協商パーキング藤枝駅北
住所:静岡県藤枝市駅前1丁目14

駐車台数:29台
営業時間:24時間
駐車料金
・60分200円
・6時~18時最大料金700円
・24時間:900円

藤枝駅まで徒歩約3分。

 

○リパーク藤枝駅前駐車場
住所:静岡県藤枝市前島2丁目1

駐車台数:35台
営業時間:24時間
駐車料金
・60分200円
・土日祝最大料金950円

藤枝駅まで徒歩約5分。

 

○藤枝市営藤枝駅前駐車場
住所:静岡県藤枝市駅前2丁目5-17

駐車台数:71台
営業時間:24時間
駐車料金
・60分100円
・最大料金1000円

藤枝駅まで徒歩約5分。

 

○名鉄協商パーキング藤枝駅前
住所:静岡県藤枝市田沼1丁目18-1

駐車台数:148台
営業時間:24時間
駐車料金
・8時~18時:60分200円
・18時~8時:60分100円
・土日祝最大料金1200円

藤枝駅まで徒歩約3分。

 

確実に駐車場を確保する方法

車で行くことが決定しているのなら、事前に駐車場の予約ができるサービス(登録料無料)を利用し、確実に駐車場を確保して出かけると安心です。

使い方は簡単!

目的の場所を検索するだけで空き駐車場が見つかります。

>>駐車場予約のakippa(あきっぱ)

>>駐車場予約の軒先パーキング

>>駐車場予約タイムズのB

 

静浜基地航空祭のアクセス方法

静浜基地

【電車利用の場合】

静浜基地航空祭の日には、「JR焼津駅」と「JR藤枝駅」からシャトルバスが運行します。

  • 料金(片道):400円
  • 運行時間:7時始発

東京方面から

  • 東京駅→(東海道新幹線)→静岡駅→(東海道本線)→焼津駅→藤枝駅

大阪方面から

  • 新大阪駅→(東海道新幹線)→静岡駅→(東海道本線)→焼津駅→藤枝駅

 

【車利用の場合(東名高速道路を利用)】

吉田IC下車

  • 「焼津駅」まで約15分
  • 「藤枝駅」まで約14分

焼津IC下車

  • 「焼津駅」まで約6分
  • 「焼津駅」まで約15分

 

静浜基地航空祭の混雑状況

 

この投稿をInstagramで見る

 

SAKURA(@c.c.sakura1967)がシェアした投稿

静浜基地航空祭は、例年2万人の来場者を記録しています。ブルーインパルスの飛行が見られる年はさらに多く、約4万人訪れます。

普段入場することのできない基地内に入ることができる貴重な機会ということで、朝早くから基地に到着している人がほとんどです。

特に写真を前の方で撮影したいという人は、場所取りのために朝9時前から並んでおり、開場直後の9時~10時はかなり混雑しています。

焼津駅・藤枝駅のシャトルバス乗り場も、運行開始の7時~9時くらいまでの間は行列ができます。

写真を撮るための場所取りをしたいという人は開場前に、混雑を避けてゆったり入場したいという人は10時以降に来場すると良いですよ。

静浜基地航空祭の開催日程とスケジュール

 

この投稿をInstagramで見る

 

スガP(@tobimono_fan)がシェアした投稿

【日程】

静浜基地航空祭は毎年5月の中旬か下旬に開催されています。

2020年の開催日はまだ発表されていませんので、参考までに例年の日程をご紹介しておきます。

  • 2019年5月19日(日)
  • 2018年5月20日(日)
  • 2017年5月21日(日)

毎年開催は日曜日となっているので、2020年は5月17日か24日の開催が濃厚です。

開催時間は大体9時〜15時までとなっています。

 

【タイムスケジュール】

参考として2019年のスケジュールをご紹介します。

9:00~ T-7オープニングフライト

9:10~ RF-4E飛行展示

9:30~ F-4EJ改飛行展示

9:50~ KC-767飛行展示

10:10~ U-125・UH-60J救難展示

10:40~ 静岡県警航空隊ヘリコプター飛行展示

11:00~ T-7機動飛行

13:20~ T-7多数機展示飛行

14:10~ F-15戦闘機飛行展示

14:30~ F-2戦闘機飛行展示

2019年はエンジン不具合が確認された影響により、ブルーインパルスの展示飛行は中止でした。

2018年と2017年はブルーインパルスの展示飛行が開催されています。

また展示飛行だけでなく、地上展示として自衛隊の車両や人命救助システムの器材展示なども行われます。

 

【ステージイベント】

展示飛行のほかに、基地内ではステージイベントも行われ、地元のアーティストやチアリーディング部などによるショーが見られます。

航空祭では、展示飛行以外にも楽しめるイベントが盛りだくさんなので、子供連れでも安心して楽しむことができます♪

 

静浜基地航空祭2020ブルーインパルスは?

ブルーインパルスとは、航空自衛隊に所属する曲技飛行隊(アクロバット飛行チーム)の愛称です。

正式部隊名は第4航空団飛行群第11飛行隊で、広報活動を主な任務としており、各基地の航空祭などで展示飛行を披露しています。

世界の曲技飛行隊の中でも、特にスモークを使用して空中に描画を行う「描きもの」が得意なチームとして有名です。

静浜基地の航空祭でも、ブルーインパルスによる展示飛行が行われています。

2019年はエンジン不具合の関係で展示飛行は中止となってしまいましたが、2018年には13時10分から13時40分までの30分間、圧巻の曲技を披露しました。

数ある展示飛行の中でも、特にブルーインパルスによる飛行を見ることができる航空祭は限られているので人生で一度は見ておきたいパフォーマンスとなっています。

静浜基地航空祭2020のおすすめ撮影スポット

航空祭開催日は、普段入ることのできない静浜基地に入り、展示飛行や地上展示を間近で見ることができるという貴重な機会なので迫力の瞬間をぜひカメラに収めたいという人も多いとおもいます。

今回はそんな人におすすめしたい静浜基地の撮影スポットをご紹介します。

管制塔近く

展示飛行を近くで見れる駐機場や滑走路の隣もオススメです。

ここはメインエリアでもあるので、時間が経つにつれてかなり混雑してくるので朝一番に会場へ到着しておくようにしましょう。

 

南側の外周道路

基地の外になりますが、南側の外周道路の歩道から撮影するという方法もあります。

逆光を避けて撮影ができるので毎年、結構な人がいます。

歩道ので脚立の使用が制限される可能性はありますが、障害物がほとんどないので飛行の様子を撮影するにはオススメの場所です。

最高の瞬間をおさめようと、毎年たくさんの人がカメラを片手に訪れます。

 

静浜基地航空祭はバスツアーもおすすめ!

静浜基地航空祭に合わせて、覧ツアーと題したバスツアーも開催されます。

基本的には日帰りで、東京発(新宿・池袋など)、千葉発(松戸)、神奈川発(横浜)などが出発地となります。

集合時間は6:00~7:00頃と朝早くなりますが、指定席なので確実に座ることができるのがメリットです。

ツアー利用者の特典などはなく、あくまで移動手段としてだけになりますが、アクセス方法に迷って時間を無駄にすることがないのでオススメです。

また電車移動での人混みを避けたいという人も利用してみると良いかもしれません。

2020年のツアー情報はまだ発表されておりませんが、興味のある人は随時チェックしてみてください♪

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました