ランドセルの安い購入時期は?購入場所は?ラン活はいつから?

役立った際などシェアして頂けると嬉しいです。

お子さんが年長さんになられたばかりですが、すでにランドセルの話題が出始めていることでしょう。

昔は「年明けの初売りでランドセルを買おっか!」なんて言っていたのに、年々その時期は早くなり今は春先からランドセル選びが始まります。早いご家庭では1年前からリサーチをはじめ一番安い時期を狙って購入するなんて話も聞きますよ。

今回は、ランドセルが安くなる時期やどこで購入するのが良いのか、購入時のポイントや2017年のラン活「合同ランドセル展示会」のご紹介をしますね。

スポンサーリンク

ランドセルを安く購入できる時期はいつごろ?

ランドセルは、そこそこの値段がします。6年間という年月を考えると決して高い金額ではないと思いますが同じ買うのなら少しでも安く買いたいと思いますよね。

ランドセルを安く購入できる時期は、一般的には3月末~4月上旬と言われています。

要は「前年度の売れ残り=型落ち」になった商品です。当然のことながら5月のGWくらいから今年度のランドセル商戦が始まるので小売店は前年度の在庫を処分したいのです。

なので売れ残りといってもお店によっては「天使のはね」や「ふわりぃ」などの人気ブランドが半値以下で販売しているというラッキーなこともあります。

また、アウトレット品も狙い目です。

毎年、新商品が発売されますが、型落ちやアウトレット品が劣ることはまずありません。デザインも使い心地もそれほど変わるものではありません。

icon-arrow-right ランドセル 型落ち
icon-arrow-right ランドセル アウトレット

今年度のランドセルを安く購入できる時期は?

この記事を読んでいる今、5月以降だという方のねらい目は、早期予約や早期割引がある時期、歳末セールや初売り、シーズン最終3月に入ってから在庫処分セールの時期になります。

ただし誰もが「いいものを安く買いたい!」と思うので人気商品は少額の値引きでも売れてしまいシーズン最終まで残っている可能性は少ないです。また、あまり粘り過ぎると在庫がなくなるといった事態も起こるので程々に…(^_^;)

スポンサーリンク

ランドセルの購入場所はどこがいい?

店頭の在庫処分や売り尽くしを狙うのなら赤ちゃん本舗やトイザラスなどが狙い目です。もちろんイオンなどの大型ショッピングセンターにも残っていたりします。

穴場といえば家具屋さんです。勉強机とセット売りをするため在庫を抱えています。

また最近は、ネットで購入する方も多いです。手に取って見ないと不安という方もいらっしゃるかと思いますが、イオンなどで下見をしておいてネットで購入すれば問題ありませんね。ネットの方が安かったりします。

購入時のポイントは?

3~4万円くらいのクラリーノ(人工皮革)のランドセルがおすすめです。

え!!高いですか?

そうです。ランドセルって高いですよね。ここから幾ら安くなったものを買うかですよ(^^♪

ちなみに1万円以下のランドセルは中の仕切りが少ない物もあり使い勝手が悪いので気を付けてくださいね。

 icon-caret-right クラリーノ素材の特徴

  • 軽い
  • 耐久性に優れている=型崩れしなくて丈夫
  • 水に強い=お手入れが簡単

お子さんの好みの色やデザインもあると思いますが、一番大切なことは、どこで買っても、どこのランドセルにせよ、6年間保障がついてるものを購入することです。

6年間という長い期間使うものなので普通に使っていても壊れることもあるでしょう。壊れても修理してもらえ、修理中は代わりのランドセルを貸してもらえます。

ラン活(ランドセル争奪戦)はいつから?

年々、白熱化する「ラン活(ランドセル争奪戦)」ですが、ラン活はゴールデンウィークからお盆までがピークです。

ランドセル業界ではすでに来年度(2018年)の展示会が5月21日を皮切りに「合同ランドセル展示会2017」という催しが開催されます。

出展企業は、株式会社ノムラ、村瀬鞄行、サンポケットランドセルなどの12メーカーですが会場によって出展企業が違うので公式ホームページで確認してくださいね。

天使のはね、フィットちゃん、有名カバン店のランドセルなどたくさんの種類のランドセルを実際に見て、触って、背負うことができます。

昨年の展示会の様子がこちらで見れます。

東京会場→5月21日(日)
千葉会場→5月28日(日)
埼玉会場→6月11日(日)
大阪会場→6月25日(日)
横浜会場→7月2日(日)
福岡会場→7月16日(日)

どの会場も日曜日に開催されますのでご家族でお出かけついでに参加されてはどうでしょうか。

完全予約制で3部制になっているのでご予約はお早めに!

合同ランドセル展示会2017公式サイト

最後に

小学校入学はお子さんの成長の一つの区切りなので高価なランドセルをと奮発する必要はありません。確かに高いものは丁寧に作られており丈夫ですが親の見栄や自己満足ではありませんか?

身の丈(家庭のお財布事情)に合ったランドセルを購入したらいいと思います。

小学校の入学準備は始まったばかりです。こらから勉強机も用意されるでしょうし、鉛筆削りや筆箱などの文具、体操服や手提げかばん、ピアニカや絵の具セットなど細々したものなどをたくさん揃える必要があります。

そうそう制服のない地域の小学校は、入学式のスーツも準備しないとね。

ふと思ったのですがランドセル登校はお子さんが通われる小学校で決まっていますか?家の子供たちが通った小学校は強制ではなかったので高学年になるとリュックで登校していた子供もいました。

スポンサーリンク
error: Content is protected !!