絶対日焼けしたくない人の日傘の選び方!紫外線アレルギーの人にも!

紫外線が気になる季節になってきましたね。夏の紫外線対策の必需品【日傘】の出番がやってきました!

日傘を選ぶ基準は、遮光率?、UVカット率?、デザイン?

紫外線カットのために日傘をさしているのですからUVカットは当たり前ですが、その傘、本当に紫外線を100%カットできていますか?

今回は遮光率やUVカット率の話と、絶対に焼けたくない人、紫外線アレルギーで紫外線に当たるのが怖い人、日光アレルギーで光に当たりたくない人にピッタリの日傘をご紹介します!!

スポンサーリンク

遮光率とUVカット率って?

『遮光率=UVカット率?』違います。読んで字のごとく

icon-check-square-o遮光率:可視光線を遮断する率のこと(可視光線とは、目で見える光のこと)

遮光率が高いと光を通さないのでまぶしくなくて暑さをしのげる。(とはいえ夏なので暑いですけどね)

icon-check-square-o UVカット率:紫外線をカットする率のこと

UVカット率が高いと紫外線を通さないので日焼け対策になる。(そのまんまです)

完全遮光と1級遮光ってどう違うの?

icon-check-square-o完全遮光:遮光率100%
icon-check-square-o1級遮光:遮光率99.99%以上

完全遮光は光をまったく通さず真っ暗な状態、1級遮光は多少光を通し真っ暗とまではいかない状態です。

そうはいってもお店で並んでいる傘を見るとどれも同じに見えますよね。確認方法は、生地の表からライトを押し当てて光が透けるかどうかで判断します。完全遮光なら光は透けないので、簡単に見分けがつきます。

ただし日本洋傘振興協議会(JUPA)の基準では、遮光率99.99%以上の生地を使用した日傘を1級遮光と呼び、完全遮光という言い方は使用されていません。

絶対に焼けたくない人の日傘選び方のポイントは?

icon-check-square-oUVカット率100%または紫外線100%カット

icon-check-square-o傘の内側は黒

この2点は必ずおさえるべきポイントです!!

【焼けない=紫外線カット】です。なのでUVカット率100%または紫外線100%カットと表記された日傘を選びましょう。

スポンサーリンク

99%では駄目です。1%くらい大したことないでは?と思いますが紫外線を甘く見てはいけません。紫外線は目には見えないので知らぬ間に蓄積されていきます。

そして紫外線は空から降り注ぐだけでなくアスファルトや壁からの照り返しも忘れてはいけません。日傘の内側は反射光を吸収するの傘を選びましょう。

サンバリア100の日傘

絶対に焼けたくない人、紫外線アレルギーの人、日光アレルギーの人にピッタリの日傘が【サンバリア100】です。

icon-caret-rightサンバリア100の特徴

icon-check-square-o紫外線を100%カット
icon-check-square-o赤外線を100%カット
icon-check-square-o遮光率が100%(可視光線を100%カット)

何もかも100%です!!

もともと日光アレルギーの人のために作られた日傘で遮光率も100%、赤外線を100%カットすることでさらに涼しく感じることができます。

日傘のUV効果は一般的に2~3年と言われていますが、サンバリア100は経年劣化することなく破れない限り紫外線・赤外線・遮光率の全ての効果が持続されます。

その理由は、生地の構造に特徴があり3層構造になっているため完全に遮断されるそうですよ。完全防備にはサンバリア100ですね♪

全て100にビックリしたのですが、お値段にもビックリしました(*_*)

詳しくはこちら→サンバリア100

長年使用することを前提に考えたらそう高いものではないかもしれませんね。しかし、絶対になくさないようにしないといけませんよ…

日傘+飲む日焼け止め

ところで近年、人気急上昇中の飲む日焼け止めをご存知ですか?

外出時、日傘や日焼け止めは必須ですが、内側(体の中)から紫外線をガードする「飲む日焼け止め」を併用することで更に日焼け防止対策をすることができますよ。

特に、塗る日焼け止めで肌が荒れてしまう人は、体の中から紫外線対策ができると肌への負担も軽減されますよ。

WHITE VEIL~ホワイトヴェール~
>>飲む日焼け止め「ホワイトヴェール」を見てみる

最後に

紫外線は、あらゆる方向から向かってくるので日傘だけでUV対策は不十分です。日焼け止めを塗る、紫外線カットサングラスをかけることも忘れないように!!

あと見落としがちな首や手の甲指、素足なら足の甲や指の対策も忘れずに!!

また飲む日焼け止めなども上手に利用するといいですよ。

スポンサーリンク
error: Content is protected !!