プレゼントのラッピングはキャラメル包みが一番簡単で綺麗に包める

ギフトボックスのラッピング方法はいくつかありますが、今からご紹介するやり方は「キャラメル包み」という一番簡単な包装方法です!

手作りのお菓子やちょっとした贈り物を考えているとき、お気に入りのラッピングペーパーや大切に取っておいた包装紙で綺麗に包めらと思ったことはありませんか?

なんて事はないシンプルな箱でもピシッとしっかりラッピングしたら見違えるようなプレゼントに変身します!

ちなみに、なぜキャラメル包みという名前がついているかというと、、、お馴染みのあのキャラメルを包んでいる折り方だからです。

高度な技術は不要で簡単に包む方ことができます。

1つ1つの工程を写真付きで詳しく説明していますので必ずできる方法です。

最後に素敵なアレンジ方法も2つご紹介しますのでお楽しみに!

プレゼントを包装紙でラッピングしてみよう♪

必要なもの

  • ボックス
  • ラッピングペーパー

  • 可愛いシール
  • 糊(両面テープでも可)
  • カッター
  • カッティングマット
  • 定規

一番簡単!キャラメル包みラッピングの方法

ひと折りひと折り、ボックスに沿うようにピッチリと折ることです。

1:まずラッピングペーパーの大きさが合うかチェックします。ペーパーの上に箱を置いて、左右クルッと包めれば幅は大丈夫です。

 

2:次にラッピングペーパーの高さをチェックします。

ペーパーを画像のように折ったときにボックスの高さに対し2/3までくる大きさにします。

 

3:分かりやすいようにカットするラインにピンクで印を付けました。

 

4:ピンクのラインでカットしました。

ハサミでも可能ですが、より綺麗な仕上がりになるようカッターで切りましょう。

ではラッピングペーパーがちょうどよい大きさになったところで、早速折っていきましょう。

 

5:箱をペーパーの真ん中に置き、左右から包みシールで止めます。

完成後に見えるところなので、ぜひお気に入りのシールを用意してくださいね。

 

6:上下の筒部分を処理していきます。画像のように筒の左側を折ります。

ペーパーを箱のラインにピッタリと合うよう折ります。

 

7:「6」と同じように右側の筒も折っていきます。

 

8:下部分をボックスに沿って折ります。

 

9:上部分も同様に折ります。

 

10:上下で折り重なった所をノリ(両面テープでも可)で止めます。

 

11:反対部分も同様に折るとラッピングの完成です!

 

12:裏側はこの様になっています。

リボンや紐を使って素敵にアレンジの方法

麻ひもを掛けてラベンダーのドライフラワーを挟んでみました! シンプルな色のラッピングペーパーの時は、色が綺麗なお花が映えますね!

 

ラッピング工程「6」の時に筒の下のみを折った後、上を巾着のようにリボンで結びます。

こちらは途中まで同じ折り方ですが、ずいぶんポップな印象にイメージが変わりました。

キャラメル包みのラッピング方法のまとめ

キャラメル包みでラッピングをするとシンプルな包み方ではありますが、丁寧に折り進むととてもきれいな仕上がりになりました。

折り紙の大人バージョンといったところでしょうか?(個人的には折り紙の「鶴」のほうが格段レベルが高いと思います^^)

完成してみると贈り物感も倍増ですね♪

可愛い包装紙があったらまた綺麗に取っといておこうという気持ちになりました。

プレゼントを贈るシチュエーションを想像して、相手が喜びそうなラッピングペーパーやシール、リボンを用意してくださいね!

>>斜め包み(デパート包み)のラッピング方法

>>プレゼントのリボンの結び方

>>オリジナルギフトBOXの作り方

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました