紫外線を目から吸収する?サングラスuv対策メガネ、カラコンは?

お肌の紫外線対策に日焼け止めクリーム、日傘などで気を付けているのに「なんだか焼けたみたい?」と感じたことありませんか?それ、目から吸収した紫外線によるものかもしれませんよ。

最近では目のuv対策も一般的になってきましたが、どのような対策をしたらよいのでしょうか?

パッと思い浮かぶのは「サングラス」ですね。しかしサングラスをかけられない人もいると思います。

今回は、目の紫外線対策にサングラスの選び方とサングラス以外のuv対策をご紹介をします。

スポンサーリンク

目の紫外線対策も必要です!

近年、目から紫外線を吸収し、メラニンを生成することがマウスを使った実験によって確認されています。

一生懸命、紫外線をガードしていても「目」は無防備で知らぬ間に目から紫外線を浴びていたということになかねません。お肌のuvケアばかりに目が行きがちですが、これからは「目のuv対策」も必須ですね!

もともと目には紫外線から守る力を持っているので普通に生活していて浴びる紫外線の量くらいでは問題ありませんが、昔と比べて紫外線の量が増えていっているのは確かで長期的にみると紫外線を浴びる量が増えるので目の機能を守るためにも気を付けるに越したことはありません。

特に、外回りが多いお仕事をされている人、ゴルフや海水浴などで1日に長時間紫外線を浴びる時はしっかりガードしましょう。

目の紫外線対策にはやっぱりサングラスがいいの?

目の紫外線対策と聞くと光をさえぎってくれる「サングラス」が思い浮かびます。最近ではファッションの一部にもなっていますね。

しかし、サングラスは気を付ける必要があります。サングラスは黒やこげ茶色など濃いレンズカラーが多く、光をさえぎり眩しくなくていいのですがその分、視界が暗くなるので瞳孔(どうこう)が常に開いた状態になりまる。

そうすると目とレンズの隙間から入ってくる紫外線やサングラスのサイドから入ってくる紫外線をより吸収しやすくなりかえって逆効果になります。海水浴やレジャーなどで長時間紫外線を浴びる時は濃いレンズカラーのサングラスは避けた方がよいです。(ゴルフなどのスポーツ用は別です)

サングラスを選ぶポイント
 icon-check-square-o UV400

私たちが日常浴びている紫外線、UV-A(波長315-400)、UV-B(波長280-315)の両方をしっかりガードしてくれる最強のuvカットレンズです。最近ではUV420というものの出ているそうです。

icon-check-square-o 紫外線透過率1.0%

紫外線が通り抜ける数値のことで1%程度サングラスを通り抜けますよと言う意味です。裏を返せば99%は通り抜けない=カットするということです。

icon-check-square-o uvカット率(紫外線カット率)99%

icon-check-square-o フレーム、レンズが大きく顔に密着したタイプ

完全に防ぐのならゴーグルタイプのサングラスになります(日常使いにはちょっと勇気がいりますね)

icon-check-square-o レンズカラーが薄いもの

薄い色なら光を通す(多少まぶしいと感じる)ので瞳孔が小さくなり余計な紫外線を吸収しにくくなります。

スポンサーリンク

目の紫外線対策にサングラス以外のuv対策は?

サングラスは、いつでもかけられるものではありません。職場でサングラスの着用を認められていない場合や学校の体育の授業中にはかけられませんよね。

また女性の場合、フレームやブリッジ(鼻にかかる左右のレンズをつなぐ部分)の跡形が顔についたら恥ずかしいですし、その部分の化粧が剥げるのも嫌ですよね(*_*)

そんな場合は、どうしますか?

UVカット加工コンタクトレンズ
コンタクトは眼球と密着しているのでしっかり紫外線からガードできます。

最近はカラコンをつけている人が多いですよね。私の周りでも「目力やデカ目」とかいって年齢に関係なくコンタクトをつけている人がかなりいます(笑)

もちろん普段からコンタクトレンズを使用されているのならUVカット加工のコンタクトをされるといいですね。

UVカットメガネ・UVカット伊達メガネ
目が悪くて日頃からメガネをかけている人はレンズをUVカット加工されたものに変えるといいですね。

また、目は悪くないけどサングラスや色が付いたメガネはかけられないという人はUVカット加工した伊達メガネはどうでしょう。伊達メガネなので顔に跡がついても一日中かけていれるので気にしなくてもいいですし。

選ぶポイントはサングラスと同じ基準で選んでくださいね。

最後に

サングラスやUVカットメガネ・伊達メガネは長時間使用する場合は性能の良いものを選びましょう。値段は高価になりますが安物のレンズは厚みにばらつきがあり目が疲れて(眼精疲労)しまいます。

洗濯物を干す時や幼稚園のお見送りなどの短時間であれば100均のサングラスでもいいですよ。100均でもUV400のタグが付いているサングラスもあり、本当かな~と思うのですが意外と優秀なサングラスもあります。

気になるようなら紫外線チェッカーで実験してみても面白いかもしれませんよ~

ただし、どれも100%完全に紫外線をカットできるわけではないので過信せず日頃からUV対策に気を付けましょう!!

スポンサーリンク
error: Content is protected !!