鯖の三枚おろしのやり方を写真で順番に紹介

鯖が大好きな我が家!

なので、さばを買うときは切り身ではなく1本丸ごと購入します。そのほうがお買い得ですしね♪

新鮮なサバが買えたので旦那さんが捌いて「三枚おろし」をしてくてたので写真つきでご紹介します。

最後に鯖をさばいた後の片付け方法も伝授しますね!

鯖の三枚おろしの仕方

準備するもの

  • 包丁(あれば魚用包丁)
  • キッチンペーパー
  • きれいな歯ブラシ(使用後は魚専用になります)
  • 今朝釣れた新鮮なサバ

 

1:サバを軽く水洗いします。

 

2:魚がすべらないようにしっかり押さえてエラの下から包丁を入れます。

 

3:尾びれのあたりまで切ります。

さばいているときに血が飛び散るので、気になる方は新聞紙を敷いてその上で捌くと後片付けも新聞紙をくるくるとまとめるだけなのでラクですよ。

 

4:お腹部分を開いて内蔵を取るます。

 

5:水で洗い流しながらお腹部分をキレイにします。

 

6:血わたは歯ブラシを使ってこするとキレイに取れますよ。

 

7:内蔵を取ったら水できれいに洗ってキッチンペーパーで水気を取ります。

 

8:エラの後ろ、胸ビレあたりから包丁を入れて中骨に当たるまで切ります。

 

9:サバをひっくり「手順8」と同じように胸ビレあたりから包丁を入れ、今度は中骨に包丁が当たったらグッと力を入れて骨を切ります。

これで頭が取れました。

 

10:尾ビレからまっすぐ包丁を入れて中骨に当たるまで切ります。

 

11:半身ずつ切っていきます。まずは背中の身に沿って尾から頭にかけて魚がすべらないようにしっかり押さえて切れ込みを入れていきます。

深さは2cmくらいです。

 

12:次は腹身を切ります。頭から尾にかけて切れ込みを入れていきます。こちらも深さは2cmくらいです。

 

13:サバをしっかりと押さえて、「手順10」で入れた尾ビレの切れ込みから中骨に沿って頭部分まで切っていきます。

 

14:身と中骨が付いた身に切り分けることができました! これが二枚おろしです。

 

15:中骨が付いた身を写真のようにひっくり返します。

 

16:「手順は10〜13」を繰り返し、中骨と半身を切り分けるとサバの三枚おろしの完成です!

 

鯖を捌いた後のにおい対策

自宅で魚をさばくと気になるのが「臭い」です。とくに内蔵系のにおいは強烈ですよ。

そこで魚をさばいた後の臭い対策におすすめな方法は、新聞紙の上に内臓やエラなどの捨てる部分を置き上から重曹をふりかけます。

そのまま新聞紙でくるくるっとくるんでビニール袋に入れて封をするとOK!

>>まな板は酸素系漂白剤で消臭

暮らし
役立った際はシェアしていただけいると嬉しいです。
なるほどね!
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました