フライパンの焦げや汚れは卵の殻で洗うときれいに!外側や裏側も

フライパンにこびりついた焦げや汚れって取れにくいですよね…

炒め物など料理をするたびに洗っているのに、なぜか汚れがひどくなる一方…。

焦げ落とし用のスポンジがあったり、重曹で落ちる!という技もありますが、わざわざスポンジや重曹を買って準備するのが面倒…という方もいるかと思います。

私は、料理の際に出た捨てるある物を使って日々お料理で使う「フライパン」の焦げ付きや汚れを綺麗にしています。

今回紹介するのは、卵の殻を使ってフライパンをキレイにする方法です!

気が向いたときにササっとフライパン掃除をやってみてください^^

フライパンの焦げや汚れは卵の殻で!

卵の殻は本来であればゴミとして捨ててしまうと思うのですが、今回はこの殻を利活用してフライパンをキレイにできる方法をお伝えします★

用意するもの

  • 卵の殻(1~2個)
  • スポンジ

※スポンジは普段使っているもので構いません

フライパンの焦げや汚れは卵の殻を砕いて洗剤と一緒に

それではここからは実際のやり方をご説明します!

1:日々積み重なった汚れが蓄積され、どんどん汚れが取れにくくなっていきます。

 

2:卵の殻を砕きます。

卵の殻を砕く際に手をケガをしないよう、ビニール袋や紙に包んで砕くと安全です。

私はクッキングペーパーの中で砕きました。

 

3:砕いた卵の殻をフライパンにのせ、食器用洗剤を入れてスポンジで磨いていきます。

 

4:卵の殻が研磨剤となって、フライパンの表面の焦げをとってくれます。磨き終わったら水で流すだけ!

使用が適さないNGなフライパン

  • テフロン加工
  • ホロー素材
  • プラスチック素材

表面の塗装が剥がれたり、加工の機能が低下してしまう可能性があるので気を付けてください!

以上です!

フライパンの焦げや汚れはシンプルで手軽に綺麗

ご覧の通り、頑固な焦げ・汚れも落ちています!

そして、以前は汚れが蓄積されて全体的にくすんでおり黒かったですが、磨いた後はフライパン全体の色もキレイになりました!

卵の殻を使うだけでここまでキレイになり、なにより「手間がかからない!」

スポンジや研磨剤、重曹などの準備物をわざわざ買いに行く必要もなく、工程もシンプルで、使った卵の殻を砕いて洗剤と一緒に洗うだけの簡単さ。

しかも使った卵の殻はそのまま三角コーナーにぽいっと捨てるだけで片付けも楽チン!

なので「卵料理を作って殻のゴミが出たついでにフライパンをちょっと掃除してみるかな」と思いついたときにすぐ実行できます。

暮らし
役立った際はシェアしていただけいると嬉しいです。
なるほどね!
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました