バスタオルの黒い点々はカビ?落とし方は?予防や対策は?

毎日使うバスタオル。もちろん毎回洗っていますよね。なのに何故かバスタオルだけに黒い点々がいくつもあり、気が付いたら広がっているんですよ・・・

これって、もしかしてカビ?

今回は、バスタオルについた黒い点々の正体と落とし方や予防法などをご紹介します。

バスタオルの黒い点々はカビ?

バスタオルの黒い斑点の正体はズバリ!「黒カビ」です(>_<)

せっかく綺麗に洗った体や髪の毛を黒カビのついたバスタオルで拭くなんて気持ちが悪いですよね・・・また、人体への影響も気になるところです。

人体への影響は少なからずあります。例えば、アレルギーや感染症、中毒症です。

ただし、黒カビの付いたバスタオルで顔や体を拭いたからだけが原因ではありません。カビは空気中に無数に飛散しているし、お風呂場や洗面所などのタイルの目地やコーキング部分などにも黒カビを見ることもあると思います。

また、お風呂の換気扇やエアコンも怪しいですよ(*_*)カビと無縁の生活をするのは正直、難しいのですが、目に見える黒カビの付いたバスタオルを使い続けるのは抵抗がありますよね。

では、黒カビが付かないバスタオルってあるのでしょうか?

残念ですが絶対にカビが生えないタオルはありません。抗菌タオルは気持ちカビが生えにくかもしれませんが、完璧にカビを防げるわけではありません。

バスタオルの黒カビの落とし方は?

実は、バスタオルに付いた黒い点々は取れません。一度ついた黒カビの色素(黒の点々)は頑固なので基本的には取れないと思ってください。

黒カビを落とすというのは殺菌することで黒カビ自体を死滅させることです。

色柄物のバスタオルは酸素系漂白剤で落とす

45度~50度くらいのお湯に粉末タイプの酸素系漂白剤(ワイドハイター粉末タイプやカラーブライトなど)を溶かして、1~2時間程度つけ置きします。使用量は、パッケージで確認してください。

注意!液体の酸素系漂白剤は、漂白力・除菌力が劣るので必ず粉末タイプを使用しましょう。

真っ白いバスタオルは塩素系漂白剤で落とす

45度~50度くらいのお湯に塩素系漂白剤(ハイターやブリーチ)を入れ30分~1時間程度つけ置きします。使用量は、パッケージで確認してください。

塩素系の漂白剤は、強力なので黒カビの量によってはカビの色を脱色できるかもしれませんが、あまり期待しないように。

注意!強力なので生地が多少痛みます。臭いが気になる人はやめましょう。

煮沸消毒で落とす

読んで字のごとくお鍋を使って「煮洗い」をします。

 icon-caret-right 煮洗い方法

1.大きめの鍋(ステンレスかホーロー)にお湯を沸かします。

2.弱火にしてお湯1リットルに対して粉末洗剤と酸素系漂白剤をそれぞれ小さじ1杯入れて溶かします。

3.お鍋にバスタオルを入れて15分~20分程度、弱火でグツグツ煮る。(吹きこぼれることがあるので目を離さないように気をつけましょう)

4.煮終わったら水でよくすすぎ洗濯機で洗います。

注意!生地が痛みやすくなります。
スポンサーリンク

料理鍋に洗濯洗剤を入れることに抵抗がある場合は、洗剤を入れずにお湯で煮洗いするだけでも黒カビは死滅しますよ。

我が家の場合は、厚手で大判のバスタオルばかりなので一番大きな鍋でもバスタオルが入らなくて断念しました(+_+)

バスタオルの黒カビの予防や対策は

バスタオルに黒カビが発生する原因は湿気です。なので、バスタオルを湿ったままにしないことです。入浴後の濡れた体や髪の毛を拭くのですから当然、バスタオルは濡れた状態ですよね。

使用後に絶対やってはダメなこと
    ・そのまま洗濯漕の中に入れる
    ・丸めて洗濯かごなどに入れる

本来なら、使用後すぐに洗って干すのが一番よいのですが、夜遅くに洗濯機をまわすと近所迷惑になるし・・・などの理由ですぐに洗濯できない場合は、広げてハンガーやピンチに吊るしたり、椅子の背にかけるなどしておきましょう。

ポイントは、素早く乾かすです!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

EXII バスタオルハンガー(2本入)[バスタオル ハンガー]
価格:486円(税込、送料別) (2017/8/19時点)

翌朝、洗濯をする際はバスタオルを折りたたんだままや丸めて洗濯機の中に入れるのではなく、洗濯漕の一番下に広げて入れるとまんべんなく綺麗に洗えます。

そして、洗濯後は速やかに干しましょう。せっかく綺麗に洗ったのに何時間も洗濯槽に入れっぱなしにしていたら、すぐに黒カビが生えてしまいます。

薄くて乾きやすいバスタオルにするのもありですよ。(肌触りが気に入らないもしれませんが・・・)

最後に

カビは湿気のある場所で繁殖するので使用後の一手間と洗濯後に素早く干すことで予防できます。

これだけ手間をかけているのにも関わらず、新しいバスタオルに黒カビが発生するようであれば、洗濯機が原因かもしれませんね。定期的に洗濯漕のお掃除をすることも忘れずに!

スポンサーリンク
アドセンス関連コンテンツ

役立った際などシェアして頂けると嬉しいです。

error: Content is protected !!