メガネは家の中性洗剤で簡単に洗浄!フレームと鼻あての洗い方も伝授

眼鏡ってどうしてあんなにも汚れるのでしょう。困ったものです。

メガネをそんなに指で触っていないつもりでも、気づけば指紋や油でドロドロ、花粉などの飛沫でザラザラ状態になっていませんか?

平日はコンタクトレンズを付けているので休日しかメガネを使わないのに、気がつけば汚眼鏡に(笑)

眼鏡クリーナーで拭いても汚れが伸びるだけだし…。

  • 食べ物や飲み物の飛び散り汚れ
  • 指紋
  • 顔や油分や化粧
  • 花粉

などなど。メガネは日々イロイロな汚れを付けていますよね。

そこで自宅にあるもので簡単で正しいメガネの洗い方をご紹介します。超音波洗浄器なんて必要ありません!

眼鏡の汚れを洗うおすすめ洗浄剤は中性洗剤

では今から、私が様々な汚れと戦ってきた結果、1番お手軽できれいに洗浄できた方法を紹介していきます。

用意するもの

  • デリケート衣類用洗濯洗剤または中性洗剤と呼ばれるもの
  • 水を入れる容器
  • キッチンペーパー
  • 新品の柔らかい歯ブラシ

私は、ボールドのおしゃれ着洗剤を使っていますが、食器を洗う台所洗剤も中性洗剤なのでOKです!!

洗剤ボトルの裏面に「液性が中性」と表示されているか確認すると安心です。
アルカリ性・弱アルカリ性・酸性・弱酸性と表示されている洗剤はNGです。

身近にある石けんやハンドソープはアルカリ性、シャンプーやボディソープは弱酸性なのでメガネの洗浄には使わないでくださいね。

眼鏡のお湯洗いはNG!簡単で正しい洗い方

まずは、洗浄する前のメガネがこちらです。

 

1:メガネをしゃばしゃば洗えるくらいの水を容器に入れ、分量を調整しながらデリケート衣類用洗剤(中性洗剤)を入れます。

必ず水で!お湯はダメ!
水の量で洗剤の量が変わるので、水を混ぜ泡立てながら少しずつ入れてくださいね。

 

2:水を混ぜて泡立てます。写真くらい泡立ったらOKです。

 

3:水の中に眼鏡を入れて、しゃばしゃば全体を洗います。

 

4:全体に洗剤が行き届いたらフレーム部分を優しくこするように洗います。

 

5:同様にレンズ部分も指の腹でやさしーく撫でるように洗います。

特にレンズ部分はデリケートなので、傷つけないように優しく優しく洗ってください。

 

6:柔らかい歯ブラシを使って鼻パット部分を洗います。

 

7:一通り洗えたら水で洗い流します。

洗い流す際にレンズ部分を持たないよう注意! フレームを持つと洗いやすいです。

 

8:最後に軽く水気を切り、キッチンペーパーで水分をしっかり吸わせます。

拭き取るとレンズに傷がつくので、吸わせるがポイント!

また、つなぎ目部分に水が残っていると劣化を早めてしまうので、しっかり水分を取ってください。

 

9:お手軽、めがね洗浄の完了!

洗浄後のメガネを光に透かしてみると曇り1つないきれいなレンズに感動します♪

この綺麗さをできるだけ長くキープしたいと思う方は、最後の仕上げの時に眼鏡クリーナーを使うと良いですよ。

眼鏡の洗浄は自宅の中性洗剤で簡単に洗えるのまとめ

最後にもう一度、「洗う前のメガネ」と「洗った後のメガネ」を見てください。

メガネの洗浄は、自宅に超音波洗浄器がなくても家にある中性洗剤できれいになります。

もちろん、サングラスにも使えますので、「レンズやフレームの汚れが気になっている」という方は是非、試してみてください!

暮らし
役立った際はシェアしていただけいると嬉しいです。
なるほどね!

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました