クリスマスプレゼントがコロコロ変わる子供…対処法とルールを決める!

役立った際などシェアして頂けると嬉しいです。

子供たちが毎年楽しみにしているクリスマスプレゼント♪

我が家も「今年はサンタさんに何をお願いしようかな~」とトイザラスのカタログを奪い合いしていました(笑)

子供って欲しいものがいっぱいで何にするかなかなか決まらない・・・「決まった!」とお願いしたのに「やっぱり、こっちにする~」とプレゼントがコロコロ変わって大変!

今回は、クリスマスプレゼントを直前で変更した時の対処法とコロコロ変えないルールについてお話します!

スポンサーリンク

Xmasプレゼントがコロコロ変わる子供…

子供がサンタさんを信じているからこそお願いしたプレゼントを何とか手に入れて枕元に置いてあげたい!そう思うのが親心ですよね。

トイザラスのカタログを楽しそうに見ている姿って可愛いんですけど、あれも欲しい、これも欲しいってきりがないし、早く決めてくれなきゃ間に合わないよ~と毎年心配でした。

我が家は、誕生日とクリスマス(サンタさんから)しかプレゼントを買わない方針で子育てをしてきたので子供達にとっては欲しいものをもらえる重要な日でもありました。

だからこそ色々と悩むのかもしれませんが、プレゼントがころころ変わったり、決まったと言ったので売切れる前にと思って急いで用意したのにギリギリになって「やっぱり、これにする~」と言われたら困るんですよね(>_<)

ギリギリでプレゼントが変わった時の対処法

クリスマスプレゼントの準備も済んだし、あとは子供が寝た後に枕元に置くだけ~と安心していたのに直前になってプレゼントが変わったらどうしましょうか?

用意できるのならそれに越したことはありませんが、間に合わない場合もありますよね。もちろん、お金だってバカになりません。兄弟がいる場合、ひとりが変えたら「うちも、ぼくも」とみんながつられて変えることだってあるんですよ(>_<)

我が家で悲しい出来事がありました。娘(当時6歳)が前日にプレゼントを変更したため手に入れることができず、仕方がなく初めにお願いしていたプレゼントを枕元に置いて寝ました。

深夜に目を覚ました娘はプレゼントを見て「これ違う、これじゃない」と言ってシクシク泣いていました。みんなが寝ているので大声で泣きじゃくることはなかったのですが、隣で寝ていた私は薄ら目を開けて泣き寝入りする娘を見て心が傷みました。

翌朝、起きてきた娘が「サンタさん、○○のこと嫌いなんやろか?」と言ってきたので「きっとクリスマス前にプレゼントを変えたからだね。サンタさんは、もう準備してたんだよ」と話しました。

こんなことがあってから我が家ではクリスマスプレゼントをお願いするときのルールを設けました。

スポンサーリンク

子供にプレゼントを変えさせないルールを作る

クリスマスツリーを飾ったら子供達が一気にクリスマスモードに切り替わるのでプレゼントの期限を決めます。

我が家では、このように話をしています。

1、サンタさんは世界中の子供達にプレゼントを配るから早めにお願いしないと届かないよ

2、一度決めたら変更できないから良く考えて決めようね

3、コロコロ変えてたらサンタさんの用意が間に合わなくて何ももらえなくなるよ

4、12月○日までにプレゼントを決めてツリーに飾ろうね

それでも、プレゼントによっては間に合わない、売り切れのこともありますよね。

我が家は、息子が人気のソフトをお願いしていたのですがどこを探しても売り切れで・・・仕方がなくプレゼント引換券を作りました。そして、引換券を枕元に置いたことがあります。

子供の様子が気になったのですが、本当に欲しかったソフトだったので待つことができ年明けになりましたが、トイザラスで手に入れることができました。

当時息子は小学1年生でサンタさんを信じていたのでトイザラスのレジで引換券を渡してレジのお兄さんがキョトンとした顔をしていたことを今でも覚えています(笑)

最後に

サンタクロースを信じている子供達のために夢を壊したくないのでご家庭でルールを決めるといいと思いますよ。

朝起きた時、プレゼントを見つけた子供のとびっきりの笑顔がたまらなく可愛いですものね!

今年は間に合わない・・・という場合は、引換券とクリスマスブーツのお菓子のセットで逃げ切るのもありです。

スポンサーリンク
error: Content is protected !!