伊弉諾神宮の参拝時間は?駐車場は?周辺で食事や観光は?

日本最古の神社といわれている淡路島の伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)は、平成28年(2016年)4月に日本遺産に認定され、パワースポットとしても人気で縁結び・夫婦円満・子宝などの御利益があります。なので良いご縁があればな~とちょっぴり期待しています(笑)

スポンサーリンク

淡路島の伊弉諾神宮の参拝時間や滞在所要時間はどれくらい?

  • 参拝時間:自由
  • 授 与 所:10:00~16:00
  • 夜間ライトアップ:21:00まで(毎月22日のみ)

伊弉諾神宮
〒656-1521 兵庫県淡路市多賀740
電話:0799-80-5001

駐車場は大鳥居の北東にあります。鳥居のある交差点まで行くと【伊弉諾神宮駐車場】の看板が立っているので迷うことはまずないと思います。津名一宮インターからですと大鳥居の真ん前の交差点を右折します。駐車料金は無料です。

この大鳥居は見た目、触り心地などまだ新しい雰囲気がプンプンしていました。それもそのはず1995年1月17日に発生した阪神・淡路大震災で倒壊したのでの大変きれいでした。阪神淡路大震災で崩壊し、同年の11に現在の鳥居が再建されました。

大鳥居から続く参道は夜間特別参拝日(毎月22日)に300個ものローソクが灯され幻想的な雰囲気に参拝客を魅了させてくれます。

奥に見えるのは二の鳥居です。

太陽の運行図

放生(ほうじょう)の神池

行きは鳥居から真っ直ぐ進み神橋を渡しました。帰りは神門を出て左にぐるりとまわり行きに見えていた太鼓橋を渡って帰りました。

橋を渡ってすぐ左側に手水舎がありますので、そこで清めてから神門に向かいます。

伊弉諾神宮 神門

伊弉諾神宮と本殿(右側)

岩楠神社と夫婦大楠(めおとおおくす)

伊弉諾神宮の御祭神は伊弉諾大神伊弉冉大神で夫婦の正道の掟を定められた皇祖の大神様です。
元は二本の「楠」がいつしか根を合わせて一株に成長したもので、御神霊が宿り給う御神木と信仰されており、淡路の古地誌にも「連理の楠」と記されています。岩楠神社には蛭子大神を祀り、夫婦円満、良縁良結、子授け、子育ての霊験あらたかと崇敬されています。

樹齢900年といわれている「夫婦大楠」下から見上げると迫力があります。

スポンサーリンク

淡路島の伊弉諾神宮周辺で食事ができるお店は?

スポンサーリンク
error: Content is protected !!