貴船の川床はいつからいつまで?川床料理のお勧めは?予約は必要?

京都の夏の風物詩としてはずことができない「京都貴船の川床」

今年も5月1日に床開きをし、風情を楽しみにすでに多くの方が足を運ばれています。

今回は、貴船の川床の期間、おすすめ川床料理や予約についてご紹介します!

スポンサーリンク

京都貴船の川床はいつからいつまで?

京都の奥座敷と呼ばれる「貴船」。毎年、初夏から秋口にかけて川床が敷かれます。

貴船の川床

 icon-check-square-o 床開き:5月1日

 icon-check-square-o 営業期間:5月1日~9月30日まで

 icon-check-square-o ランチタイムの営業:5月1日~9月30日まで

※定休日は、料亭ごとに異なります。

貴船の川床で気になるのは気温ではないでしょうか。

京都市内のうだるような暑さとは違い、かなり涼しくまさに「避暑地」です。しばらく川床に座っていると寒さを覚えるくらい川の上は涼しいです。

京都市内と10℃くらいの温度差があると思って羽織物を持って行くことをおすすめします。7月~8月の真夏でも夜は冷え込みますので上着を持っていたほうがよいですよ。

スポンサーリンク

また、昼夜問わず虫(ブヨ・アブ・毛虫など)が多いので虫よけ対策は必須ですよ。特に夜は灯りに集まる虫までも増えるので昼間のランチの方がオススメかな~と思います。

貴船の川床は、京都を題材にした山村美佐の2時間サスペンスドラマなどの撮影に使われることもあるので「あ~見たことある!」といった場所に訪れることができかもしれませんよ!

貴船の川床料理のオススメは?予約をした方がいい?

正直に、はっきり言って、貴船の川床料理はどこの料亭で食べてもそれほど変わりはありません(笑)

というのも、料理を楽しむためではなく大自然の中で雰囲気を楽しむための場所と料理を提供してくれているといった感じですから。

料理は一般的には「懐石料理」になりますが、お店によっては「すき焼き」や「鍋料理」といったものも用意してくれます。

ちなみに真夏の8月の夜でも涼しいので「鍋料理」でも暑くて食べられないということはありません。日によっては温かい鍋がちょうど良いこともあります。

また、雰囲気だけ味わって食事はリーズナブルに済ませたいのでしたら「ひろ文の流しそうめん」もいいですね。(流しそうめんは予約不可)

貴船の川床料理は、都会の喧噪を忘れて大切な人と素敵な時間を共有し風情を楽しむといった感じです。なので何を食べても(?)美味しく感じるってことです♪

貴船の川床料理は予約をしていく方がいい?

当日の飛び込みは、かなり危険です。待っている間に貴船神社を参拝するなど時間を潰すこともできますが、時間制限がないので前のお客様が帰られなない限り席が空きません。

なので平日・土日休日を問わず、予約をしてから行かれることをおすすめします。

icon-arrow-right 京都川床2018!一休.comレストランのお得なプラン

予約をしていくことで叡山電鉄「貴船口」までマイクロバスでお迎えに来てくれる料亭がほとんどです。

お車で行かれる場合は、車1台が通れるような狭い道なので気を付けて運転してくださいね。

最後に

こちらの記事で川床料理のおすすめのお店をご紹介しています。

スポンサーリンク
error: Content is protected !!