大学受験の写真の服装や髪形は?web出願の写真はどうする?

大学を受験する際、必ず必要なものは願書です。

その願書に貼る写真を撮る服装は、制服が良いのか?それとも私服の方が良いのか悩みますよね。私服で撮影するならどんな格好が好ましいのかも気になるところです。

女子は髪を結んだ方が良いのか?メイクをしても大丈夫か?も気になっているのではないでしょうか?

撮影は、写真館がいいのか?スピード写真でも良いのか・・・。近年はインターネット出願の大学も増えてきているのでスマホの撮影でもOKなのか?

この記事では、大学入試の願書に必要な写真についての話をします。

スポンサーリンク

大学受験の願書に貼る写真の服装は制服それとも私服?

まずは、受験する大学の募集要項を確認しましょう。写真撮影にあたっての注意事項が書かれています。

入試の際に提出した写真を入学後、学生証の写真に使用する大学は、その旨も記載されています。その場合「制服以外が望ましい」などといった内容も記載されています。

特に記載がない場合、学生証の写真は入学手続きの時に改めて提出することになります。

心配なら受験大学の入試課に電話をして確認しましょう。願書の写真ごときで悩んでいる時間がもったいないです。電話番号は募集要項に記載されていますよ。

写真の撮影にあたって、私服・制服についての記載がなければどちらでもOKですが、私服での撮影をおすすめします。

制服と私服で悩むということは制服を着て高校に通っているということですね。制服にこだわらなくていいですよ。全国には制服がない高校もあるし、浪人生は私服で撮影します。

大学受験の願書に貼る写真の髪型やメイクは?

髪型に決まりはありません。きちんと顔が見えていれば良いので結んでいても、下ろしていても、どちらでも大丈夫です。男女とも前髪が目にかからないようにだけ気をつけましょう。

お化粧をしていても問題ありませんがナチュラルメイクを心がけましょう。ファンデーション、眉、チーク、リップクリーム程度ならいつもしているでしょ!

いつもメイクをしているからといって、つけまつげやカラコンはNGです。アイプチは受験当日もして行くのならOKです。

ただし、推薦の人、面接がある人は清潔感のある控えめなメイクを心がけましょう。受験当日、面接の時にするメイクと同じメイクで撮影したらいいですね。

スポンサーリンク

大学受験の願書に貼る写真は写真館でorスピード写真?

写真館でもスピード写真(駅などにある証明写真機)でも、どちらで撮影してもOKです!

願書の写真は縦4cm×横3cmが一般的ですが大学によっては違うこともあります。また複数の大学を受験する場合は必要枚数も多くりますね。

あらかじめ写真のサイズと枚数を把握したうえで、どちらで撮影するかを決めるといいですよ。後々の手間をはぶくため1回で済ませましょう。

大学受験のインターネット出願の写真は?

近年、webでの出願を導入している大学が増えています。写真の提出方法は、大学によって異なります。

  1. アップロードして提出する
  2. 証明写真が必要な大学

1.アップロードして提出する場合

アップロードする場合、自宅でデジカメやスマホで撮影しパソコンやスマホに保存している写真を出願画面に挿入します。

自宅で撮影する際は、背景にポスターなどが写らないよう気をつけましょう。

自宅の壁を背にスマホで撮影した写真です。この写真をインターネット出願画面にアップロードしました。(受験大学は願書の写真を学生証の写真に使用しない大学だったので制服着用で撮影しました)

証明写真のように顔を中心に合わせたりする必要もなく撮影し、出願画面に挿入すると写真の加工ができる画面が用意されていて周りの不要な部分を切り取ったり、拡大・縮小もできました。

最終的に赤点線部分をアップロードして提出しました。もう少し拡大したほうが良かったかなぁと思ったのですが、再提出を求められることもなく、この写真が受験票の写真になりました。

ちなみに受験票は、ネットからダウンロード&自分でカラーコピーでした。

2.証明写真が必要な大学

インターネット出願を利用しても調査書やセンター試験成績請求票などと一緒に写真を同封して郵送する大学もあります。また送られてきた受験票に写真を貼って試験に持参する大学もあります。

この場合は、写真館やスピード写真で証明写真を用意する必要があります。

最後に

大学入試用の写真は受験票の写真と受験者が同一人物かどうかを確認するためのものです。一般入試では写真で合否判定をされることは一切ないので写真の良し悪しを気にする必要は全くありません。

受験時の写真が入学後に使用する大学は、服装・髪型・メイクなどをちょっと気にして写しに行きましょう。

合格しないことには写真を使用することがないので頑張りましょう!!

スポンサーリンク
error: Content is protected !!