離婚届の証人は親や子でもいい?本籍地が分からない時は?印鑑は?誰もいないときはどうする?

協議離婚の場合は、必ず証人2名が必要です。

私は初めて離婚届を見たとき「証人」を「保証人」と間違えてしまい、「離婚の保証人」なんて誰にもお願いできない…。そんなことお願いしてあとあと迷惑がかかるようなことになったらどうしよう…と心配になりました。

離婚届の用紙入手土日休日ダウンロード

今思えば、はじめて見る離婚届を目の前にしてかなり動揺していたのだと思います。

離婚届の「証人」は「保証人」ではなく、【離婚する夫婦が「お互いに離婚する意思がある、合意に基づく離婚である」ということを証明する】という署名・押印なので証人欄に記入してくれた人に離婚後、迷惑がかかるということは一切ありません。

離婚届の証人は両親や兄弟、子供などの身内でも大丈夫?

離婚届の証人を誰にお願いしようか…悩むところですよね。悩みました。

証人になれる人(証人欄に記入できる人)は成人していて離婚の事実を知っている人であれば続柄、既婚未婚を問わず誰でも構いません。

なので、親・兄弟姉妹、親戚、友人、上司など誰に書いてもらってもいいのです。それこそ成人した実子でも構いません。

また、証人は双方から出さなければいけないということもないので片方の両親2人でも、片方の友人2人でも構いません。結婚されているお子さんがいるなら子供夫婦に証人になってもらっても構いません。

私の場合は、私の両親に頼みました。

唯一、旦那とのことを相談していた友人が「私と旦那(友人の)が証人になるよ」と申し出てくれたのですが、おめでたいことならともかく離婚の証人になってもらうのはやはり申し訳なく思いました。それに、あとあと自分(私)が友人に気を使ってしまいそうだったので、それも嫌だと思いました。

人生の区切りのひとつとなることなので、身内の方がよいと思い身内の中で済ませることにしました。

スポンサーリンク

離婚届の証人の本籍地がわからない時はどうする?

証人欄に書く内容は、

  • 証人の署名
  • 生年月日
  • 住所
  • 本籍

そして印鑑を押してもらいます。

間違うことなく誰でも書ける内容ですが唯一、不安な部分は本籍が分からないかも…ですね。今の運転免許証には本籍地が記載されていなので自分の本籍地がわからない人も多そうですね。

かといって本籍地を記入してもらうためにわざわざ住民票を取りに市役所に行ってもらう、なんてことはできませんよね…。それこそ離婚前から迷惑をかけることになってしまいます(+_+)

証人の本籍地の記入のことを数ヶ所の役所に聞いた話をまとめます。

  • まったく書いていない→離婚届を受理できない
  • 分かるところまで書いてある(町名までは書いてほしい)→離婚届を受理する

なお、「署名、生年月日、住所は必ず間違えのないようにしてください」と言われました。(間違えることはないでしょうけど…と役所の方も言ってました^^;)

基本的には、証人の本籍地を最後まで書いていなくても受理してくれるそうです。ある役所の方は「住所や生年月日が間違っていなければ、あとはこちらで調べます」と言ってくれました。そうですよね。今時、パソコンをたたけば確認できますよね。

ただし、全国各役所に聞いたわけではないのであなたが提出する役所や担当者によって対応が違うこともあります。なので、証人の本籍地がわからない場合は、念のため提出先の役所に確認することをおすすめします。

離婚届の提出で何度も足を運ぶのはごめんですもの(*_*)

離婚届の証人の苗字が同じ場合の印鑑は?

両親や兄弟など親族に証人になってもらった時は苗字が同じことがあります。その場合の押印の印鑑はそれぞれ違う印鑑を押してもらいます。これは必須です。

あと、多分こんな人はいないと思いますが念のため…印鑑はシャチハタでは駄目ですよ。

離婚届は夫婦の契約書です。朱肉を付けて押す印鑑、認印で押印してもらいましょう。最悪、三文判でも構いませんが…朱肉を使って押す印鑑でなければいけません。

スポンサーリンク

離婚届の証人が誰もいないときはどうする?

お互いの両親も兄弟もいない人もいると思います。また、離婚することを親や知人など誰にも知られたくない人もいるでしょう。

最近では、離婚届証人代行サービスというのがあるようです。

代行専門の会社もあれば弁護士、司法書士、行政書士事務所でも証人代行サービスを行っていることもあります。

もちろん、費用はかかります。金額も一律ではなく会社によって違いますが証人が誰もいない、誰にも知られたくないのであればこういったサービスを利用することを検討されてみてはどうでしょうか。

インターネットで「離婚届 証人 代行」で調べてみてください。たくさん出てきますよ。

もし公正証書の作成を弁護士や司法書士にお願いされているのであれば、そちらで相談されてみるのもよいと思います。最近は仕事の一環として快く(?)引き受けてくださる弁護士さんや司法書士さんも多いみたいですよ。

最後に

どんな理由で、どんな原因で離婚するかは人それぞれですが、離婚は新たなスタートでもあります。そのスタートが離婚届を提出することだと思います。

離婚届の証人は、頼む方も頼まれる方もお互いに気持ちの良いものではないと思います。証人になってもらうことで後々の人間関係で悩むことになっては辛いので誰に証人になってもらうのかは、よく考えてからお願いするようにしましょう。

スポンサーリンク
アドセンス関連コンテンツ

役立った際などシェアして頂けると嬉しいです。

error: Content is protected !!