離婚届の書き方は?離婚後の名字、戸籍、本籍はどうする?印鑑は同じでいい?

離婚届の用紙入手土日休日ダウンロード

離婚することが決まったら離婚届を書くのですが、いきなり書き始めるのではなく、まず「戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)」を取ることをおすすめします。

もうすでに離婚届が手元にあり今まさに書こうとしている瞬間なら仕方がありませんが、これから離婚届の用紙を入手するのなら役所に行った際についでに全部事項証明書(謄本)も取っておくといいですよ。

私は自分が離婚届を書く日がくるなど思ってもいませんでしたが人生何があるかわかりませんね。

この記事では、離婚届を書く際に気を付ける部分を詳しく説明します。

離婚届の書き方は意外と簡単です!

まず、離婚届を書くときに「戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)」を見ながら書くと「?」と思う部分も比較的スラスラと書けます。

自分たちの本籍地はもちろんのこと、両親が離婚をしていて名前が分からないといった場合でも戸籍にはちゃんと記載されています。ちなみに両親が死亡している場合でも離婚届には父母の氏名を記入する必要があります。

私自身が離婚届を書いていて「んん?」と思ったヶ所は『本籍の筆頭者の氏名』くらいです。

我が家の場合、結婚当初は旦那の親が住んでいた家を借りて住んでいたので本籍の筆頭者は誰?と思いましたが戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)にはきちんと記載されていました。

ここは戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)のはじめに記載されている人の氏名を書きます。家の場合は旦那でしたが、旦那さんの父親や母親の場合もあります。

 「戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)」と「戸籍個人事項証明書(戸籍抄本)」の違い

  • 戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)→戸籍内全員の証明
  • 戸籍個人事項証明書(戸籍抄本)→必要な人だけが載っている証明

どちらも1通450円なので戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)を取ったらいいですよ。ちなみに戸籍謄本は旦那さんのものを取ります

 旦那の戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)を勝手に取ることができる?

妻であるので取れます。委任状も必要ありませんし別居中でも大丈夫です

役所で所定の用紙に記入をし、提出先を「旅券」にチェックを入れれば何も聞かれることなく発行してくれます。

本籍地が他府県の場合はどうする?

戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)と戸籍個人事項証明書(戸籍抄本)は、本籍地の役所でしか取得できません。

本籍地が他府県にあり直接取りに行くことが出来ない場合は郵送で取り寄せることができます。

離婚届を夫妻の本籍地以外の役所に提出する場合は離婚届と一緒に戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)の提出が必ず必要です。

戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)を見ながら離婚届を埋めていくと3分の2は簡単に書き終えることができます。

私の場合は、旦那には『届出人署名押印』欄のみ記入押印してもらい、そのほかの部分は戸籍謄本を見ながら全部わたしが書きました。

その方がサッサと書き終えることができます。旦那がチンタラ書いている姿を見てるとイラッとするし、間違えられるとムカッとするので(-_-;)

『届出人署名押印』欄以外の記入は誰が書いても構いません

離婚後の名字、戸籍、本籍はどうする?

離婚後の名字、戸籍、本籍を書かなければならない『婚姻前の氏に戻る者の本籍』の部分が最大の難所かもしれません。

結婚した時、旦那さんの戸籍に入った人のほうが多いと思います。その場合、離婚によって妻は旦那の戸籍から除籍されます。(ちなみに旦那の戸籍謄本には除籍の印が付きます)

名字を決める時に気を付ける点

まず、名字(氏)を婚姻前の旧姓に戻すのか?そのまま婚姻中の姓を名乗るか?どちらか決めなければなりません。子供のことや職場での立場など人それぞれ事情があると思うのでよく考えて記入しましょう。

 icon-check-square-o 離婚後3ヶ月以内

一旦、旧姓に戻ったとしても婚姻中の名字に変更することができます。(その際は「離婚の際に称していた氏を称する届」を役所に届け出るだけで名字を変えることができます)

 icon-check-square-o 離婚後3ヶ月を経過

名字を変える手続きは、家庭裁判所の許可が必要になります。(家裁の許可を得るのはかなり難しいので注意してください)

「離婚の際に称していた氏を称する届」を受理されると、旧姓に戻るには家庭裁判所の許可が必要になります。子供の関係などで「やむを得ない事由」があれば氏の変更が認められます。

しかし「やっぱり旧姓に戻したいな~」と気軽に変えられるものではないので生半可な理由では許可をしてもらえないので注意してください。

ちなみに、離婚届と同時に「離婚の際に称していた氏を称する届」を提出する場合は離婚届の『婚姻前の氏にもどる者の本籍』欄は記入しません。

何事も早めに手続きをしたほうがスムーズにことが運びます。離婚後、数年経ってから名字を変えることは簡単ではありません。十分に考えた上で決めましょう。

戸籍を決める時に気を付ける点

次に名字を旧姓に戻す人は「もとの戸籍にもどる」か「新しい戸籍をつくる」かどちらかに決めなければなりません。

ただし、もとの戸籍に戻れない場合もあります。その場合は新しく戸籍を作ることになります。

 元の戸籍に戻れない場合とは?

  両親が亡くなっていて兄弟姉妹の結婚などで結婚前の戸籍から除籍になっている場合
  子供を自分の戸籍に入れる場合

婚姻前の戸籍に戻れる人は子供がいない人、子供を自分の戸籍に入れない人、親が健在で戻れる戸籍がある人なので限られています。

当然ですが、離婚後に婚姻中の姓を名乗る場合は新しく戸籍をつくらなければなりません。

スポンサーリンク

本籍を決める時に気を付ける点

最後に本籍を決めます。

 icon-check-square-o 戸籍を決める時に結婚前の戸籍にもどる人は本籍も筆頭者も親元になります。
 icon-check-square-o 上記以外の人は、筆頭者の氏名は自分自身、本籍は好きな場所にすることができます。

好きな場所と言っても「沖縄が好きだから那覇にしよ~」と安易に決めないでくださいね。

今後、お子さんを自分の戸籍に入れる時やパスポートの申請(切替申請)などの手続きを考えると離婚後に生活する居住地が便利です。(お住いが賃貸マンションや市営住宅でも本籍地にすることができます)

 なぜ本籍が他府県にあると何が不便なの?

戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)は、本籍地の役所に置いてあります。なので、全部事項証明書(謄本)が必要な時には直接、本籍地の役所に請求しないといけないのです。

請求方法は郵送でやり取りするだけなので別段、難しいことはありませんが私的には手間だと思うので…。

この本籍欄は未記入で役所に行き、離婚届を提出する際に本籍地をどこにするかを伝えると正しい本籍を教えてくれます。そしてその場で記入するほうが間違えがなくて良いですよ。

私の場合は?

  • 姓は旧姓にもどり
  • 妻は新しい戸籍をつくり
  • 本籍は現住所にしました

子供の親権者は私です。子供たちも私の戸籍に入籍させました。

離婚届に押す印鑑は夫婦で別々の印鑑を押すこと

『届出人署名押印』欄は必ず夫婦それぞれが記入し印鑑を押します。その印鑑は同じ姓でも別々の印鑑を押しましょう。

証人欄の記入方法でも書きましたが、シャチハタは駄目です。必ず朱肉をつけて押す印鑑を押します。

最後に

離婚届の書き方は、初めてのことなので難しく感じるかもしれませんが、「戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)」を見ながら書くとそれほど難しくありません。

自分が役所に提出しに行くのなら間違えたところは二重線を引いておくだけでいいです。(訂正印を押していなくても役所で指示してくれます)

夜間、土日休日に提出する場合は、記入漏れや不備がないように気を付けてください。

不備があった場合、訂正が必要になり離婚届に記入した連絡際に電話がかかってきて後日、開庁中に役所に訂正に行くことになります。

また、代理をお願いする場合は受理してもらえず代理人が持って帰らされるます。

当然のことですが離婚成立は、離婚届が受理されてからになります。そういったことを避けたいのなら提出前に不明な点は役所に確認をしておくといいですよ。

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました