梅雨の洗濯物の部屋干しはエアコン!除湿か冷房か暖房?温度は?


梅雨時や長雨が続くと洗濯物が乾かなくてゲンナリします。昨日の洗濯物が乾ききっていないのに、もう次の洗濯物が大量に・・・

洗濯物を減らすことは難しいので、できるだけ早く効率よく乾かしたいですよね。

この記事では、洗濯方法のコツを実践した上で、どこの家にも1台はあるだろうエアコンを使って洗濯物を乾かす方法をご紹介しますね!!

 icon-arrow-right 梅雨の洗濯方法のコツ

梅雨の洗濯物の部屋干しでエアコンを使うなら冷房か除湿(ドライ)か暖房か?

正解は「除湿(ドライ)」です。

さらに早く乾かす方法は、閉めきった狭い部屋がベストです!部屋の広さは4畳半が理想的ですが難しいかな?

部屋の広さ、設定温度、洗濯物の量により条件が異なりますが、閉めきった6畳の部屋で除湿(ドライ)運転を3~4時間フル稼働させるとカラッと乾きますよ!!

洗濯物を早く乾かすには湿度を下げる必要があります。そして、洗濯物は風の量で乾く時間が変わります。風を当てることで洗濯物の水分が蒸発しやすくなり早く乾きます。

エアコンの除湿は、風を出しながら湿度を下げるのでベストなわけです。

扇風機やサーキュレーターをお持ちなら併用することでもっと早く洗濯物が乾きますよ。

エアコンの除湿に衣類乾燥(ランドリーモード)が付いているのなら、それに設定します。衣類の乾燥が目的なので強力な除湿運転をします。部屋に人がいないときに使いましょう。

部屋干しにエアコンの冷房は?

実は、冷房でも除湿されます。空気を冷やすことで空気中の水分量が減少し湿度を下げるので除湿されます。

それなら除湿ではなく冷房でいいんじゃない?と思いますよね。

冷房の目的は室温を早く冷やすことなので設定温度に到達するとエコ運転(省エネモード)に切り替わります。

そうすると設定温度より室温が下がらなくなり、それにともない湿度も下がらなくなります。

梅雨の時期は、気温が低い日も多く肌寒い日なら室温も低いでしょう。その場合、冷房の設定温度をかなり低くしなければ除湿もされないので洗濯物が乾きません。

人が集まるリビングで洗濯物が乾く温度にすると寒すぎるでしょう。

スポンサーリンク

部屋干しにエアコンの除湿(ドライ)は?

除湿は、読んで字のごとく湿気を取り除きます。なので、冷房と異なり室内の水分量を減らすこと=除湿を第一優先にしながら室温も冷やされます。

梅雨時期の洗濯物をエアコンで乾かす場合、除湿(ドライ)が一番良いと書きましたが、難点もあります。

除湿運転は外気温とエアコンの設定温度にあまり温度差がない場合は、除湿効果が低くなります。

いくら除湿が最優先されるといえども設定温度に到達すると除湿機能もゆるやかになり部屋の湿度が下がるまでには相当な時間がかかります。

  • 室内温度より外気温が低い(寒い):除湿効果が低い
  • 室内温度より外気温が高い(暑い):除湿効果が高い

夏にエアコンを除湿(ドライ)にすると冷房と同じくらい涼しく感じませんか?

例えば、外気温が33℃でエアコンの除湿設定温度を25℃にすると温度差があるので部屋が冷やされると同時に除湿効率も良くなります。

梅雨時期は雨が降ると気温が低くなります。肌寒いけど設定温度を低くし温度差を大きくしないと除湿効率が悪くなるので洗濯物が乾くまでの時間がかかります。

そういう日は、電気ストーブで暑くならない程度に部屋の温度を上げて除湿運転をすると部屋の湿度が早く下がり洗濯物も早く乾きます。

除湿(ドライ)の設定温度は?

上で説明した通り、除湿(ドライ)効果は外気温により異なります。外気温より数℃低い温度に設定しなければ除湿効果が望めません

なので、外気温が25℃の日は、設定温度を20℃以下にすると除湿効率が良くなり洗濯物の乾きも早くなります。しかし、寒いのでリビングむきではないですね。

ちなみに、除湿には二種類あり

  • 空気中の水分を減らすとともに室温も下げてしまう「冷房除湿」
  • 室温を下げないで空気中の水分だけを減らす「再熱除湿」

「除湿(ドライ)にすると寒い」と言われるのは冷房除湿になっているからです。

梅雨の気温が低い日の除湿運転は、再熱除湿にすると室温を下げずに湿度を下げてくれるのでリビングでも平気です。

エアコンの機種によって備わっている除湿機能が異なるのでパンフレットや取扱説明書で確認してください。

部屋干しにエアコンの暖房は?

暖房で除湿はできません。

暖房にすると部屋の温度が上がって相対的に湿度は下がりますが、空気中の水分量は減少しないので湿気を下げる効果はないので除湿されません。

梅雨の時期、気温が低くく肌寒い日もありますが、暖房はさすがに暑いですし除湿されないのでNGです。

最後に

リビングにしかエアコンがなく再熱除湿機能がついていない場合は、除湿(ドライ)をつけても設定温度が難しいです。

その場合は、扇風機やサーキュレーターで風をあてながら除湿運転をし少しでも早く乾くよう洗濯物の干し方も工夫してくださいね。

また、衣類乾燥除湿機の購入を検討してみるのもいいかもしれませんよ。

スポンサーリンク
アドセンス関連コンテンツ

役立った際などシェアして頂けると嬉しいです。

error: Content is protected !!