6月は折り紙でたつむり!梅雨の飾りつけの折り方と作り方

そろそろ梅雨の時期が近づいてきました。

天気は雨模様でジメジメ、お外で遊べず子どももジメジメ、皆さんも気分が下がっていませんか?

今回は「白い面がでないカタツムリ」の折り方を紹介します。

あまり知られていない「カタツムリ」の折り方ですが、意外と簡単です!

初めて折る方にも分かりやすいよう、手順をひとつひとつ丁寧に説明していますので、ぜひお子さんと一緒にカタツムリを作って、梅雨ならではの季節を楽しみましょう♪

6月は折り紙で「カタツムリ」を作ろう

用意するもの

  • 折り紙 1枚
  • ペン

カタツムリに見えるよう肌色を使用していますが、何色で作っても大丈夫ですのでお好きな色で作成してください。

折り紙で「カタツムリ」の折り方

途中まで「鶴」の折り方と一緒なので、鶴の折り方が分かる方は「7」から見てください。

1. 折紙は白い方を裏にし、三角に折ります。

 

2.もう一度三角に折ります。

 

3.袋の部分に指を入れ、潰して写真のように四角に折ります。

 

4.反対側も折ります。

 

5.下のピラピラしている部分に指を入れて、左右の角を中央の線に合わせて縦一直線になるよう開くイメージで潰しながら折ります。

 

6.折った後の形は、写真のようになります。

 

7.反対側も同じように折ります。

 

8.中央の線に沿って折ります。

 

9.折り目を付けた線に沿って、内側に入れ込むように折ります。

 

10.折った後の形は、写真のようになります。

 

11.反対側も同じように折ります。

カタツムリの頭とおしり部分になります。

 

12.てっぺんの角を下に持ってくるように折ります。

 

13.小さいほうの三角のてっぺんに合わせて、下の角を折ります。

 

14.底辺に合わせて、折り返します。

 

15.写真の部分を裏側に入れ込みます。

写真と同じ所を指でつまんで、そのままひっくり返してください。

 

16.写真のように、裏側に入れ込みます。

 

17.折り終わった後は、このような形になります。

 

18.表から見るとこのような形です。

 

19.反対側も同じように折ります。

 

20.左右どちらかの角を、ハサミで少し切り込みを入れます。

 

21.斜め上に向けて、切った所を折ります。

 

22.ペンで模様を描いたら完成です!

「21」で切った先っぽにシールで目を貼り付けると可愛く仕上がりますよ。

梅雨の飾り付け!折り紙でカタツムリの壁飾り

画用紙に紫陽花カエルと一緒に、のりや両面テープで貼り付け壁に飾ると可愛いでしょ!

このカタツムリは自立することが出来るので、テーブルにちょこんと置いておいても可愛いですよ。

しっかりした観葉植物でしたら、葉っぱの上に置くことも出来ちゃいます!

こっそりと置いておいて、「いつ子どもが気付くか」というママのちょっとした遊び心にもいいのではないでしょうか(^^)

子どもが気付いた時の反応も楽しみですね♪

「カタツムリを探せ!」のような遊びにも発展でき、親子で楽しめる折り紙製作にりますよ(笑)

ハサミを使える年齢であれば、カタツムリも折れると思うので、お子さんがカタツムリに気付いた暁には、ぜひお子さんと一緒に作ってみてください。

>>梅雨の時期の過ごし方

>>ハサミ不要の「かたつむり」の折り方

>>折り紙で「紫陽花(あじさい)」の折り方!

>>折り紙で「ぴょんぴょんカエル」の折り方

>>夏の折り紙の紹介

折り紙・工作
役立った際はシェアしていただけいると嬉しいです。
なるほどね!
error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました