「 暮らし 」一覧

離婚後子供の名字変更、戸籍移動手続きは簡単!家裁の氏の変更許可→入籍

離婚後子供の名字変更、戸籍移動手続きは簡単!家裁の氏の変更許可→入籍

離婚届を受理されても子供の戸籍は元夫の戸籍に残ったままです。離婚後、子供を自分の戸籍に入れる場合は、家庭裁判所に「子の氏の変更許可の申立」を申請して役所に入籍の手続きをしないと子供の戸籍は移動しません。今回は、離婚後、子供の戸籍を母親の戸籍に移動する手続きの順番や気を付ける点を説明します。

離婚後の手続き運転免許証の名義変更は?銀行は?離婚届を出した日にしたこと

離婚後の手続き運転免許証の名義変更は?銀行は?離婚届を出した日にしたこと

離婚後の手続きって面倒で後回しになってしまいそうですが、いずれはやらないといけないことなので、わざわざ仕事を休んで時間を作ったのですから、ここはちゃっちゃとやってしまいましょう。私は、離婚届を提出した日に銀行口座の解約、運転免許証の名義変更、銀行口座の名義変更をしました。私が離婚届を出した1日の行動をご紹介します。

離婚届の書き方は?離婚後の名字、戸籍、本籍はどうする?印鑑は同じでいい?

離婚届の書き方は?離婚後の名字、戸籍、本籍はどうする?印鑑は同じでいい?

離婚届の書き方で悩む部分は 婚姻前の氏にもどる者の本籍の新しい戸籍をつくる、もとの戸籍にもどるの欄だと思います。私自身が経験して得たことを知っている範囲で説明します。この欄に記入することは離婚後の名字や戸籍、本籍とも関係しているので良く考えて記入しないといけません。

離婚届の証人は親や子でもいい?本籍地が分からない時は?印鑑は?誰もいないときはどうする?

離婚届の証人は親や子でもいい?本籍地が分からない時は?印鑑は?誰もいないときはどうする?

協議離婚の場合は、必ず証人2名が必要です。離婚届の証人は保証人ではなく、【夫婦が「お互いに離婚する意思がある、合意に基づく離婚である」ということを証明する】という署名・押印なので証人欄に記入してくれた人に離婚後、迷惑がかかるということは一切ありません。

error: Content is protected !!