パスポート写真カラコン大丈夫?入国審査は?再発行した方がいい?

パスポートの申請をしたんだけどカラコン(ディファイン)をつけた写真で作ってしまった…。でも実際に発行してもらえたから問題ないと思うけど本当に大丈夫?

知らなかったじゃ済まされないかもしれないけど、もう作っちゃったし・・・。

調べてみると「瞳の色が原因で入国審査で止められた」という話もあってだんだんと心配になってきました。

渡航前から気になってビクビクするより再発行した方が安心できていいかな? 再発行って簡単にできるの?

今回は、パスポートの写真がカラコンを付けた写真でも入国審査で引っかからないか? 再発行の手続き方法などを見て行きましょう!

※これからパスポート申請をされる人は、まずこちらを確認してくださいね。
icon-arrow-right パスポート申請写真の髪型は?カラコンは大丈夫?

パスポートの写真を撮るときカラコンをつけてたけど大丈夫?

今どき、年齢に関係なくカラコンはメイクの必須アイテムの1つですよね。

ブルーやピンクなどのカラーコンタクトレンズではなくディファインやアイコフレなどのサークルレンズは、自然にデカ目になるし目力をアップしてくれるので大好きです♪

正直、自然すぎて? ディファインを入れてることすら忘れてパスポートの写真を写しちゃったんですよ(*_*)

パスポートセンターで「コンタクトレンズはサークルレンズですね?」と聞かれ「はい」と答えただけで申請書の提出完了でした。もちろん、受け取りの際も何も言われずパスポートの出来上がり~!

でも本当に大丈夫なんでしょうか? 大丈夫ではない…という話も聞きましたが…。

ちなみに外務省の見解はと言うと、

渡航先の出入国審査等において本人確認を行う際に、瞳の色は重要な識別ポイントになります。このため、パスポートの写真がカラーコンタクトレンズを装着したものである場合は、出入国審査等で疑義を持たれる可能性があり適当でないことから、撮り直しをお願いしています。

一方、瞳の輪郭を強調するコンタクトレンズ(注:色なしコンタクトレンズの縁にライン(黒又や茶色)の入ったもの。)については、これまでのところ、その使用により出入国審査等でトラブルが発生したとの報告には接していないこともあり受け付けていますが、出入国審査等において質問等を受けることも考えられますのでご注意ください。

引用:http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/passport/ic_photo.html

レッドやブルーなどの瞳の色自体が変わる色がついたコンタクトレンズは認めていないが、ディファインなどのサークルレンズは容認するとのこと。なので、パスポートセンターで問題なく受理、発行されたのです。

しかし、渡航するのはパスポートセンターの人ではなく、あなたなので何か起こっても自分で対応してくださいね。と言う意味です。

パスポートはすでに発行されたので大丈夫かどうか? というと、最低限の条件をクリアしているから発行されたのです。

パスポートは自分自身の国際身分証明書ですからダメな場合(写真等に問題がある場合)は発行してくれません。

スポンサーリンク

 

パスポートの写真はカラコンをつけてるけど入国審査に引っかかる?

外務省の記載に「出入国審査等において質問等を受けることも考えられますのでご注意ください」とあるように、止められることもあるということです。

そして止められた際は「すべて自己責任で解決してくださいね」ということです。

入国審査に引っかかる、引っかからないは誰にもわかりません。同じ国に行っても前回はOKだったけど、今回は止めらたということもあります。

時勢によっても全く違ってきます。例えば、テロ事件直後だったら審査が厳しくなっているでしょうしセキュリティの状態も変わるでしょう。

また渡航する国によって、人によって基準は様々で、特に入国審査官によってシャレにならないくらい違います。

私自身、ディファインをつけていましたが問題なく通過できましたが隣のレーンの日本人は「瞳の大きさがどうのうこうのう・・・」って止められていましたよ。

つまり、誰もが同じ状態で入国審査を受けることがないので、今ここでは判断不可能なのです。

もし止められた時のために現地語できちんと説明出来るように準備はしておいたほうが良いでしょうね。

ちなみに私は、パスポート作成時と同じディファインをつけて入国審査を受けました。長時間のフライトだったので機内では裸眼(メガネ)でしたが飛行機を降りてすぐにトイレでディファインを装着しました。

ただし、これも絶対ではありません。次に行くときや行く国によっては止められるかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

 

パスポートを再発行した方がいい?

パスポートには再発行はありません。なので、新規にパスポートを取得することになります。

紛失あつかいにする場合は、

  • 警察署の発行した紛失届出を立証する書類が必要になります。
  • 「紛失一般旅券等届出書」の提出(パスポートセンターにあります)
  • 写真(縦45mm×横35mmで6ヶ月以内に撮影されたもの)
  • 身元確認書類(運転免許証)

そして

  • 一般旅券発給申請書(パスポートセンターにあります)
  • 戸籍謄本または抄本(発行から6ヶ月以内のもの)
  • パスポート用写真(縦45mm×横35mmで6ヶ月以内に撮影されたもの)
  • パスポート申請手数料(5年:11,000円もしくは10年:16,000円)

これらが、もう一度必要になります。考えると、すっごく大変ですよね。

それに、つい先日交付されたのにもう紛失っておかしな話だと思いませんか? 警察でも怪しまれそうですし・・・。

 

せっかく海外旅行に行くんです。あまり不安にならない方がいいですよ。現時点ではサークルレンズが容認されているのですから。

今回の出発までに時間がないのでしたら帰国後にパスポートをどうするか考えてもいいですし、問題なく帰国できたら「ま、いっか」と思うかもしれません。

いい加減に聞こえるかもしれませんが、とにかく行ってみないことには誰にも分からないってことです。

 

最後に

 

海外旅行には必ずVISAカードを持って行きましょう。JCBカードは使えないショップが結構あります。

おすすめは、海外旅行保険が自動付帯&年会永年費無料のエポスカードです。

>>エポスカード

ちなみに「楽天VISAカードを持っているから大丈夫」という方は、ちょっとだけ気を付けてくださいね。

楽天カードの海外旅行保険は利用付帯なので、旅行に関わる支払いを出国までに楽天カードで決済をすると保険が適用されます。

例えば、旅行代金や航空券の支払い、空港までの移動手段(バス代・タクシー代等)の支払いです。>>詳しくはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました