クリスマスリースはいつから飾る?いつまでに片付ける?知らないと恥ずかしい?!

ハロウィンが終わると百貨店やショッピングモールには大きなクリスマスツリーやリースが登場し、クリスマス商戦に向けて各ショップにはクリスマス関連の商品が並び一気にクリスマスムードが高まっていきますよね。

それに合わせて家の中もクリスマスモードに変わっていきますが、いつごろからクリスマスの準備を始めますか?

毎年この時期になると疑問に思うのですが、「クリスマスリースを玄関に飾る一般的な時期」ってあるのかなぁと。

玄関ドアのリースは人目につくので早すぎるのもちょっと恥ずかしい。だけど、少しでも長く飾りたい気もするしと。

この記事では、玄関用クリスマスリースを飾る時期はいつごろがいいのか? また片付けはいつまでにするべきなのか? をご紹介しますね!

クリスマスリースを飾る時期はいつから?

クリスチャンでなければクリスマスツリー同様、クリスマスリースを飾る日も特に決まりはありません。

室内に飾るリースやクリスマスツリーは、人目を気にせずに早くから飾ってクリスマス気分を長く楽しむことができますが、玄関ドアに飾るクリスマスリースを飾る時期は毎年悩むんですよね。

ご近所さんを偵察すると玄関の外に飾るクリスマスリースは、12月に入ってから飾り付けるご家庭が多いように感じます。

 

実は数年前のことですが、お花屋さんで生花の素敵なクリスマスリースを見つけて買ったので嬉しくて11月上旬に飾ったら、仕事から帰宅した主人に「さすがに早すぎる。恥ずかしい。」と言われたことがあるんですよ(笑)

それ以来、「我が家のクリスマスリースは12月1日に飾る!」と決めています。

12月に突入すると「早すぎる」とか「恥ずかしい」など思うことはありませんよ。

スポンサーリンク

クリスチャンや外国ではクリスマスリースはいつから飾る?

アメリカではサンクスギビングデー(感謝祭:毎年11月の第4木曜日)を過ぎるとリースやクリスマスツリーの飾りつけを始めます。

今年2019年のサンクスギビングデーは11月28日(木)ですね。

クリスチャンは、アドベント(待降節たいこうせつ)になると飾ります。アドベントはクリスマスを除く4つ前の日曜日。

今年2019年は12月1日(日)からですね。

 

クリスマスリースを片付けの時期はいつまで?

さて、せっかく飾ったクリスマスリースですが12月25日のクリスマスが終わると日本はお正月を迎える準備が始まります。

早いご家庭では12月26日には「クリスマスリース」が「しめ飾り」に変わっているでしょう。

玄関ドアに飾るクリスマスリースは、室内のリースと違い、クリスマスリースを外さないと「しめ飾り」を飾れない。

また、飾ることができてもクリスマスリースとしめ縄の両方を飾るなんてことは、それこそ恥ずかしいのでいつまでも飾っておくという訳にはいきませんよね。

しめ縄・しめ飾りは12月28日までに飾ります。

12月29日・30日・31日に飾るのは縁起が悪いと言われています。

その理由は、

  • 29日は「二重苦(にじゅうく)」
  • 31日は「一夜飾り」と言って年神様に失礼にあたると言われています。
  • 30日は旧暦の月末にあたり31日と同じ日になるからです。

そうなると必然的に12月26日~28日に「しめ縄・しめ飾り」を飾る日になるのでクリスマスリースの片付けをする日は決まってきますね。

スポンサーリンク


 

外国ではクリスマスリースはいつまで飾る?

クリスチャンは、「イエス・キリストが洗礼を受けた日」とされる1月6日の公現祭(こうげんさい/エピファニー)まで飾ります。

海外ではお正月を祝う習慣がないので「お正月飾り」を飾る習慣はなく、日本がお正月でも海外ではクリスマスリースを飾って過ごします。

 

クリスマスリースは通販で!

昔は、生花のクリスマスリースを購入していましたが、日持ちしないのでここ数年は神戸クラフトの通販を利用しています。

>>神戸クラフト

このショップ、クリスマスリースやツリー&オーナメントなどクリスマス関連の商品が豊富で価格もリーズナブルで、商品もしっかりしています。

玄関ドアの外に飾るリースは日光や風、雨などで傷みやすいので毎年買い替えるのなら手ごろな価格だと嬉しいですよね♪

最後に

日本では玄関用のクリスマスリースを飾る時期は特に決まってないので、それぞれのご家庭で相談されるといいですよ。

我が家の主人のように早く飾り付けすると「恥ずかしい」というパートナーもいるので・・・。

でも素敵なリースともなれば長く飾っておきたいと思いますよね♪

 

反対に片付けは、しめ縄・しめ飾りを飾る日に気を付けて片付けてくださいね。12月28日までですよ!

ちなみに、しめ縄・しめ飾りを飾らないというご家庭やクリスチャンは、1月6日の公現節までクリスマスリースを飾っていても問題ありません。

ただし、公現祭を知らないご近所さんから「あのお宅、お正月なのにクリスマスリースを飾ってて変だわ」と怪しまれるかもですが・・・。

>>玄関ドアに傷をつけずにクリスマスリースを飾る方法

コメント

error:Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました