クリスマスリースを飾る時期はいつから?片付けはいつまで?

ハロウィンが終われば百貨店やショッピングモールには大きなクリスマスツリーやリースが登場し、クリスマス商戦に向けて各ショップにはクリスマス関連の商品が並び一気にクリスマスムードが高まっていきますよね。

それに合わせて家の中クリスマスモードに変わっていきますが、いつごろからクリスマスの準備を始めますか?

毎年この時期になると思うのですがクリスマスリースを飾る一般的な時期ってあるのかなぁと。玄関ドアのリースは人目につくので早すぎるのもなんだし、でも飾りたい気もするしと。

今回は、玄関用クリスマスリースを飾る時期はいつごろがいいのか?また片付けはいつまでにするべきなのかをご紹介しますね!

クリスマスリースを飾る時期はいつから?

クリスチャンでなければクリスマスツリー同様、クリスマスリースを飾る日も特に決まりはありません。しかし、玄関の外に飾るリースは12月に入ってから飾り付けるご家庭が多いように感じます。

家の中のことは家族にしか分からないのでクリスマスツリーは早くから出していても外から見えませんが、玄関ドアに飾るクリスマスリースを飾る時期は毎年悩むんですよね。

ある年、素敵なクリスマスリースを手に入れたので嬉しくて11月上旬に飾ったら仕事から帰宅した主人に「ちょっと早すぎる。恥ずかしい」と言われたことがあるんですよ。

それ以来、ご近所さんの様子を見ながら飾るようにしていたのですが、この数年は「我が家のクリスマスリースは12月1日に飾る!」と決めています(笑)

icon-arrow-right 神戸クラフト

このショップ、クリスマスリースやツリー&オーナメントなどクリスマス関連の商品が豊富で価格も比較的リーズナブルです。

玄関ドアの外に飾るリースは日光や風、雨などで傷みやすいので毎年買い替えるのなら手ごろな価格だと嬉しいですよね♪

クリスチャンや外国ではクリスマスリースはいつから飾る?

アメリカではサンクスビギンデー(感謝祭11月の第4木曜日)を過ぎると飾りつけを始めます。今年2018年のサンクスビギンデーは11月22日ですね。

クリスチャンは、アドベント(待降節たいこうせつ)になると飾ります。アドベントはクリスマスを除く4つ前の日曜日。今年2018年は12月2日ですね。

スポンサーリンク

クリスマスリースを片付けの時期はいつまで?

さて、せっかく飾ったクリスマスリースですが12月25日のクリスマスが終わると日本はお正月を迎える準備が始まります。

早いご家庭では12月26日にはクリスマスリースがしめ飾りに変わっていますね。

玄関ドアのクリスマスリースはツリーと違い、リースを外さないとしめ飾りを飾れない。また飾ることができてもクリスマスリースとしめ縄の両方を飾るなんてことは、それこそ恥ずかしいのでいつまでも飾っておくという訳にはいきませんよね。

注意!!しめ縄・しめ飾りは12月28日までに飾ります。12月29日・30日・31日に飾るのは縁起が悪いと言われています。

その理由は、29日は「二重苦(にじゅうく)」、31日は「一夜飾り」と言って年神様に失礼にあたると言われています。30日は旧暦の月末にあたり31日と同じ日になるからです。

そうなると必然的に12月26日~28日がしめ縄・しめ飾りを飾る日になるのでクリスマスリースの片付けをする日は決まってきますね。

最後に

日本では玄関用のクリスマスリースを飾る時期は特に決まってないので、それぞれのご家庭で相談されるといいですよ。我が家の主人のように「恥ずかしい」というパートナーもいるので・・・。

でも素敵なリースともなれば長く飾っておきたいと思いますよね♪

反対に片付けは、しめ縄・しめ飾りを飾る日に気を付けて片付けてくださいね。12月28日までですよ!

ちなみに、しめ縄・しめ飾りを飾らないというご家庭やクリスチャンは1月6日の公現節まで飾っていても問題ありません。(1月6日の夜にはしまいます)

ただし、公現節を知らないご近所さんから「あのお宅、お正月なのにクリスマスリースを飾ってて変だわ」と怪しまれるかもですが・・・。

error: Content is protected !!